2011年02月17日

Makiyoの「日式英文」

今回も小ネタです。すみません。

ネタを求めて台湾のニュースサイトのYoutubeチャンネルを観ていると、バラエティー番組(ゲーム番組と言った方がいいか)の「天才衝衝衝」の番組宣伝が。

芸能人がチームに分かれていろんなゲームやクイズで競うこの番組、コーナーの一つに、英語だけでヒントを出してキーワードを当てさせるというゲームがあります。台湾の芸能人はいろんなバックグラウンドの人がいるので、ネイティブ並みの英語を話す人もいれば、全然話せない人もいます。そのため、英語で出すヒントも、流暢なよくわかる英語のこともあれば、片言で断片的な英語のときもあります。でも、英語として正しくわかりやすいからといって、答えを当てやすくなるとも限らず、本当に片言の英語しか示されていないのに当ててしまう解答者もいるのがおもしろいところ。

で、今回見つけた「天才衝衝衝」の30秒の番組宣伝は、Makiyo(川島茉樹代:wikipediaブログ微博日本公式)が登場。彼女がこのコーナーで「日式英文」(日本風のカタカナ発音の英語)でヒントを出す様子が使われていました。こちらです。



うーん、ここまでウケるか(笑)。
Makiyoはこの番組によく出演していますが、以前からこのコーナーでは彼女は「日式英文」を使っていて、解答者がみんな聴きとれずに混乱するというのは定番の展開のようです。彼女が本当に英語が全然できないのか、ネタとしてこういう発音とスタイルでやっているのかはわかりませんが。

というわけで、他の例もいくつか貼り付けておきます。

これは2年ほど前のもの。「メリークリスマス」というだけでどっかんどっかん(笑)。これを観ていると、やっぱり本当にMakiyoは英語ができないのかもしれないと思えてくる?


こちらは去年の10月放送分。「ゆー らぶらぶ いず べりー おーけい」。ううむ。


日本語ネイティブにはこれはこれでわかりやすい気もしますが(!)、さすがに台湾の方々にはそうではないのでしょう。個人的には、Makiyoが中国語を前提にして断片的に英語化してヒントを出そうとしている部分がたいへん興味深い。

真面目に考えると、「やっぱり発音はちゃんとしないと」と思うかもしれないけど、初級レベルの一人としては、「ネタになるほどに日式のカタカナ発音に慣れている社会は貴重なので、何語であれ堂々と日式の発音をしても(伝わりさえすれば)いいのかも」なんてちらっと思ったり。いや伝わるレベルに達するのがまず必要とは思いますが、はい。
【芸能人の最新記事】


posted by 研究員B at 03:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック