2011年01月29日

渋谷「七宝麻辣湯」でランチ

今回、紹介する店は「上海で人気の店」の日本支店。台湾ブログで紹介するにはちょっと苦しいんだけど、まあ同じ中華圏ということで台湾ぽいメニューもあるし、台湾テイストを感じられなくもないし。

さて、この「七宝麻辣湯」。トッピングと辛さを選べるスープ春雨の店。できた時からすっごく気になっていたのだけど、場所が微妙に行動範囲からずれているので今まで行けず。きっとすぐになくなっちゃうんだろうなー、という予想に反して、開店から数年たった現在でも立派に営業中。平日の昼に研究員Bと都合があったので、連れだって行ってみた。

店に入ると左手に具材コーナー。野菜、肉、魚介、きのこ、卵などなど、などなど。かなりの数の具材がずらりと並んでいる。それをプラスチックのザルに3種類選んで放り込み、店員さんにスープの辛さを指定して渡すとスープ春雨が出てくるという仕組み。この「プラスチックざるに具材を選んで放り込む」というプロセス自体が、既に滷味ぽくってテンションが上がる。

カウンターに座って、待つこと数分。注文した品がやってくる。

まず、研究員Aが頼んだスープ春雨。トッピングは白菜、ホタテ、シメジ。スープは2辛。2辛って中辛って書いてあったけど、十分辛い。研究員Aに3辛は無理かも。

七宝湯2.jpg

次に研究員Bが頼んだスープ春雨。トッピングは鶏団子、水餃子、青梗菜。スープは1辛。鶏団子は今一つだったらしい。

七宝湯1.jpg

最後に、研究員Bが頼んだ魯肉飯。普通のお椀サイズ。

七宝湯3.jpg

春雨のスープは、がつんとスパイスの味! 多分すごく色々、いろいろと入れてある。しかも春雨とあわせているので、それほどしつこくない。いわゆる「ラーメン」では味が重く、スープを飲み干すなんてこと絶対にできない研究員Aが、ここでは喜んでスープを飲みほした。それでも足りなくて、研究員Bのスープも横取りして飲んだ。卓上にニンニク、酢とあわせて山椒が置いてあるのもポイントが高い。このスパイスがいっぱい入ってる薬膳ぽい感じ。日本ではなかなか巡り合えないので、とっても幸せな気持ちになる。

実際、店内で食べている人、テイクアウトを注文しに来る人に、中国語を話す人がそれなりにいた。現地出身の方にも支持されているのかしら。確かに、あんまり日本化されてない味な気が。

ただスープ春雨とは対照的に、魯肉飯の方はいたって日本風。スパイスの味も香りもほとんどしない、ただの「角煮」。スープ春雨の方が本場っぽいのに、これは残念。

それから、いくら美味しくても所詮は春雨。あまり腹もちは良くない。実際、研究員Aは12時にスープ春雨を食べたのに、14時には既にお腹が空いてきた。魯肉飯を食べた研究員Bは、そっちのボリュームでなんとか引っ張れたらしいので、ご飯か何かを追加で注文するべきだったかも。でも、スープ春雨だけで680円するんだよね。これに更に追加すると…、と考えるとちょっと高い。さすがに現地みたいには無理だけど、もうちょっと気軽に食べられる値段になって欲しいなあ。

でも、このスープ春雨を食べた日、けっこう寒かったにも関わらず、研究員Aの胃腸のあたりは午後中ずーっとぽかぽかだった。唐辛子効果? スパイス効果? どっちにしても、冷え性の研究員Aには嬉しい効果。ちょっと高いなーとは思うけど、きっとまた食べに行っちゃうことでしょう。

火鍋とか、滷味とか、その辺が好きなアナタ。日本で「近い」ものが、気軽に食べられるのがこちらのお店。寒さが続く今日この頃、あのあったかさが恋しくなったら渋谷に行ってみてください〜。席数少ないから、昼時は外してね。


七宝 麻辣湯
総合:4.0

料理・味:5.0 サービス:4.0 雰囲気:4.0 CP:2.0




【国内:食の最新記事】


posted by 研究員A at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183083284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック