2011年01月12日

彰化肉圓節

ここ一カ月の間に、台湾ではギネス記録をめざすローカルフードのイベントが二つほど開催されています。ギネス記録といっても、何しろ台湾のローカルフードなので、世界レベルで競う事情は(少なくとも日本から見ている分には)ややピンと来ないのも正直なところ。しかし(少なくともローカルには)何だか盛り上がっている感じなので、せっかくなのでご紹介。今回はまず、昨年12月25日に開催された「2010彰化肉圓節」公式サイト)について。

彰化は台中のちょっと西南にある台湾中部の都市ですが、「彰化三寶」(肉圓・爌肉飯・貓鼠麵)と呼ばれる小吃がよく知られています。今回はそのひとつの肉圓(バーワン)について。肉圓とは、肉・貝柱・椎茸などの餡を、ぷるぷるした「Q」なでんぷん質の皮でくるみ、低温の油で揚げたあと、ハサミで切れ目を入れてタレをかけるという食べ物。とってもポピュラーな食べ物ですが、揚げずに蒸したり、またタレの味わいが違ったり(南部ではより甘い、と聞いた気が)、台湾の中でも微妙に地域差があるようです。

さて「肉圓節」とは、要するに「肉圓フェスティバル」というイベントのことで、彰化では2007年から毎年開催されているそうです。昨年末に開催された「2010彰化肉圓節」では、無料で肉圓を5000個ふるまうなどの企画もあったようですが、一番の目玉企画は、「ギネス記録を更新する巨大肉圓をつくる」でした。このイベント開催前の世界記録がいったい誰によるものなのかわかりませんが(!)、そしてそもそも本当に台湾のあの肉圓限定の記録なのか、もう少し間口を広げて世界各地の同様の料理(ってあるのか?)もあわせて最大記録ということなのかもわかりませんが、ともかくそういう企画が行われ、なんと630キロに及ぶ巨大な肉圓がつくられたそうです!

聯合報の記事(「630公斤肉圓 寫金氏紀錄」)には、巨大さがよくわかる写真が載っています。さすがに揚げずに蒸したみたいですね。また、自由時報の記事(「「彰化破紀錄」630公斤肉圓 世界第一」)によれば、用いた材料について以下のような記述があります。うーんたくさん。
破紀錄的大肉圓用了一百六十四多公斤的蕃薯粉、絞肉四百四十一多公斤、芋頭三十九多公斤、油蔥十八多公斤等,總重有六百九十四多公斤的食材,經烹煮後,淨重六百三十公斤,打破去年希臘製作出三百十五公斤的肉圓紀錄,如果加上鍋具一百三十六公斤,總重七百六十六公斤,也打破世界紀錄。


せっかくなので動画も2つほどご紹介。まず、肉圓ってどんなものかが初心者にもよくわかる説明から始まり、最後にギネス記録の肉圓に至る、行き届いたものを。画質もきれいです。


こちらの動画は、ギネス記録の巨大肉圓の迫力がよりよくわかるもの。


正直言って、肉圓って、台湾の小吃の中ではそんなに思い入れがないのですが、こんな企画が行われるぐらい親しまれているんだなあと改めて痛感。お好きな方、いますか?

【食べ物の最新記事】


posted by 研究員B at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック