2011年01月05日

夏克立

以前のエントリでも書いたけど、所長(3歳)の前ではテレビをつけないルールの当研究所。そのため、以前はいろいろ観ることができた台湾ドラマも、所長が早く眠ってしまった夜など、非常に限られた機会にしか観られなくなってしまい、録画してもたまるばかりで一向に消化できないのが実情。

そんな中、現在ちびちび鑑賞中なのが、「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!(我在墾丁*天氣晴)」(オフィシャルサイトd-addicts.com)。現在観ているのは、数か月前に録画した7話とか8話のあたり。ちょうどそのあたりで、張鈞ィ(チャン・チュンニン)演じる雨不停(レイン)は墾丁を訪れるのですが、彼女と一緒に墾丁を訪れている西洋系の外国人の1人が、今日紹介する夏克立(Christopher Downs)中文wikipedia微博)。台湾のテレビでときどき登場するので、顔は知っているという人もいるのでは。そう、ドラマの中では英語しか話していませんが、本当は中国語がよーくしゃべれる、あの人です。

wikipediaによると、夏克立はモントリオール出身のカナダ人で、総統選の取材で訪問したのが台湾との接点の始まりだそうです。その後台湾の映画やテレビへの出演を重ね、また英語学習番組の制作にも関わってきたとのこと。そして、コメディドラマでの共演を機に知り合ったタレントの黃嘉千(中文wikipedia)と結婚して、現在お子さんが1人いるようです。

この夏克立について、「やけに中国語が流暢な、黃嘉千と結婚した人」というイメージしかなかったのですが、実は彼は「奧林P客」という子ども向け番組に、司会者の一人として出演しているそうです(もう一人の司会者は郎祖筠(中文wikipedia)。「名揚四海」(美麗の母親役)・「乒乓(ピンポン)」(卓球の達人のおばちゃん役)などに出演していたあの人)。この番組で、2009年に金鐘獎で子ども向け番組の部門でノミネートされたとのこと。この番組、客家電視台の番組で、つまり番組では基本客家語(のはず)。そんなことまでやっていたとは、今回調べるまで知りませんでした。

というわけで、以下いくつか夏克立が出ている動画をご紹介。

まず、「奧林P客」の番組紹介CM。郎祖筠と一緒に出ています。


2009年の金鐘獎では、妻の黃嘉千(このときちょうど妊娠中)と一緒にプレゼンターをやっています。客家語もちょっとしゃべっています。ちなみにこの場面で受賞したのは、「墾丁は今日も晴れ!(我在墾丁*天氣晴)」にも編集長役で出演している趙自強。彼も子ども向け番組をやっていたのです。


夏克立、検索して見つかったこのCMだと、台湾語を話しているような気がしますが、どうなんでしょ。>有識者の方


この番組では普通に英語で話しています。


今後も何かとバラエティーなどに出演するのを目にすることでしょう。ここまで台湾に根付いた感じの外国人タレントはなかなか珍しいことかも。初めて聞いたという方は、覚えておいてもいい……かも?

【芸能人の最新記事】


posted by 研究員B at 02:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178525728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック