2010年11月12日

台湾特産品引換券・実食編

台湾観光協会の「2010ウェルカムプレゼント」でもらった台湾特産品引換券。「交換編」を研究員Bが書いたので、もらった品々を実際に食べてみてのレポを、私、研究員Aが。

まずはもらった品々。左から、鳳梨酥(パイナップルケーキ)・蜂蜜・穀ヵ塊酥(緑茶のお菓子)。

9818.JPG

鳳梨酥は舊振南餅店のもの。3個入り。箱の中身はこんな感じ。

観光協会パイナップルケーキ.jpg

箱の中に箱。ものものしい感じ。でも、このパイナップルケーキ、皮が甘い。そして餡は、なぜかグミに近い感じの強い歯ごたえ。甘味も風味もほとんど感じられず。パイナップルケーキ好きとしては、これはどうなんだろう? と疑問を感じる一品だった。

蜂蜜は、太麻里地區農會の「龍眼蜂蜜」350g。中身はこんな感じ。

観光協会蜂蜜.jpg

ともかく濃厚!な甘味。いつも買っている蜂蜜と同量使うと、甘すぎて食べられない。蜂蜜独特の匂いも強く、苦手な人は苦手かも。しかし、蜂蜜使用量が多いおきらく研としては「これを3本もらうのが一番お得だったかも」という結論。蜂蜜って、買うとけっこう高いし。でも瓶ものを3本も抱えて帰国はちょっと辛くもある。最後の最後にもらうから、機内持ち込みだしね…。

最後。太麻里地區農會の穀ヵ塊酥(200g)。

観光協会緑茶.jpg

これだと大きさが分かりにくいが、1cm角くらいの小さな小さなお菓子。最初口にした時は「む、味がない?」と思ったが、食べ続けているとふんわり優しい甘味を感じるようになる。緑茶の風味はほとんど感じないが、サクサク、ぽろぽろしたパイ生地も良い感じ。思わず、続けて何個も食べてしまう。太麻里地區農會、蜂蜜も美味しかったし要チェックかも。

微妙に当たり外れはあるものの、無料でこれがもらえるのかー、とちょっと感心するレベルの品々。パッケージもきれいだし、「台湾特産」であることはお墨付きだし、義理土産にも良いかも。これから行かれる方、忘れずに引換券をゲットですぞ〜。

【旅行:食の最新記事】


posted by 研究員A at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック