2010年09月21日

台北でベビーカーは使えるか2 「街を実際に歩いてみる」編

「台北でベビーカーは使えるか」を検証するシリーズ第2弾。第1弾「段差が消えた?」では、台北市政府の尽力により、段差地獄だった台北の到るところにプチスロープが出現。「段差が多いからベビーカーは使えない」という公式は既に過去のもの、と書いた。

じゃあこれで、台北でベビーカーが使えるようになったか。これが、そうとも言い切れないのですよ。もちろん以前のように「無理!以上!!」みたいな感じではなくなった。その意味では、ものすごい進歩。でも日本と同じような感覚で使えるかというと、これは違う。

実例をあげながら見てみよう。

例1 二車線、歩道広めの場合
ベビーカー移動で問題を感じることはあまりない。

道路1.jpg

この写真だと歩道が狭く感じるが、屋根のある部分にも歩道がある。

道路2.jpg

こんな感じ。屋根ありと屋根なしの部分をあわせるとけっこうな余裕。

ただし、上の写真でも分かるが、屋根ありの歩道と屋根なしの歩道の間には段差があったりもする。これがけっこうな高低差で、スロープがあるとは言え、ベビーカーをしっかり握っていないと「おっとと」となったりする場合もあるので注意。

また、屋根ありと屋根なし、店舗と店舗の間に段差が残っている場合もある。見回せばどこかにはスロープがあるので、右に行ったり、左に行ったり、ちょこまか通れる隙を見つけて移動すべし。この右往左往する感じ、アドベンチャーゲームの迷路みたいだ…、とスーパーファミコン世代の研究員Aは思う。

例2 一車線、歩道狭めの場合
行けることは行ける。が、注意が必要になってくる。

道路3.jpg

すっきりしてるけど歩道幅が狭いぞ、の例。屋根ありの方の歩道にはスクーターがいっぱい止まっていて、ベビーカー移動は困難。ひどいところだと、歩道いっぱいに車が停車していて歩道が使えないところもあった。

道路4.jpg

店舗前の歩道の例。朝だったのでこの程度だが、夜になると人がいっぱい座って賑わっていたりもする。若干、移動が難しい。

溝.jpg

そして突然、こういった雨水用?の溝が出現したりもする。大人の足首まで入るくらいの深さ。気付かないでいるとベビーカーの車輪がはまる。大人も転ぶ。以前と比べると格段に少なくなったものの、こういう場所も残るので注意。少なくなったからこそ、たまに出現するとぎょっとするんだけど。

例3 歩道のない道路
すいません。写真とりはぐりました。

ええと、基本は歩道がなくて、車もバイクも人も同じ道路を歩く道。車があまり通らない道路であれば問題ないが、バイクや車がそれなりに通る道だとちょっと怖い。良くも悪くも運転マナーが日本とは違う国。のんびりゆったりお散歩を楽しむどころか、生命の危機を感じる場所もある。そういうところでベビーカーを使うのは、ちょっと厳しい。


というわけで。ベビーカーは使えるものの、使うためにはそれなりの注意と訓練が必要、な感じがこれで分かっていただけただろうか。「使えるは使える。でも日本と同じようには使えない」とでも言いいますか。

以上から、研究所が導き出した「台北でベビーカーを使う際の心得」。次回、「台北でベビーカーは使えるか」シリーズの最終回として書き出してみたいと思います。

【旅行:子連れの最新記事】


posted by 研究員A at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:子連れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163356590
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック