2010年09月21日

高雄同志遊行(台湾・高雄プライドパレード)その2

数日前に「高雄同志遊行(台湾・高雄プライドパレード)」というエントリを書いたけど、予定通り9月18日に高雄で初めてのプライドパレードが行われたようです。台風とぶつかるのではないかと心配していましたが、問題なく開催されたようで何より。

この話題を、開催後に日本語で紹介したものは、現時点までに気づいた範囲では、「な〜るほど・ザ・台湾」の「今日のNEWS」だけです。そこで、台湾での報道をちらちら(中国語初級レベルなりに)見てみました。いくつか記事をリンクしておきます。

聯合報「高雄同志大遊行 站出來「好自在」」(動画もあり)

自由時報「高雄上千同志遊行 陳菊相挺」

NOWNews「高雄首屆同志大遊行 吸引逾3000人」

ニュースの動画は、上の聯合報のページのもの以外に、以下をみつけたのではりつけておきます。


パレードの参加人数は報道によって差があり、おおむね2000人〜3000人のようですが、この数字だけみれば、今年の東京のプライドパレードと同じぐらいでしょうか。

さ、この高雄のパレードでいくつか気になったのは:

1.
「花媽」こと陳菊・高雄市長がパレードに登場。会場ステージで、「尊重每一個多元的個體」「相愛是人權」などなど、多様性の尊重を謳う、シンプルだが悪くないメッセージを話したようです。こういう立場の人がLGBTにサポーティブだということの意味は、本当に大きい気が。そんな市長に、「花媽愛同志、同志愛花媽」というコールが投げかけられ、市長も「謝謝、花媽愛大家」と返す風景は感慨深いです。

2.
高校生のLGBTのグループも参加していた様子。規模は小さいのかもしれないけど、そういうグループが存在してパレードに参加するぐらいであるということが、やはり感慨深い。

3.
「LGBTの親のグループ」というのもあるそうで、その人たちもパレードに参加していたとのこと。

他にも何かわかったら、このエントリに追記するかtwitterでつぶやくことにします。




【イベントの最新記事】


posted by 研究員B at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。