2010年08月28日

「名揚四海」その3

今回も台湾ドラマの名作「名揚四海(Friends)」(2003年:オフィシャルサイトwikipediad-addicts.com)をご紹介。しつこくてすみません。「その1」はこちら、「その2」はこちらをどうぞ。

今回は、このドラマがなぜ「名作」なのか、他のドラマにはない特徴は何か、などについて書いておこうと思います。

ひとつの大きな特徴は、繰り返し書いていますが、このドラマが明確な主人公をもつストーリーというよりは、群像劇に近いという点です。そして、前回のエントリで紹介したように多くの登場人物がいる中で、登場人物同士の関係の複雑さを丁寧に描きつつ、その関係に時間の重み(少年少女次第に始まるものや、中にはそれぞれの出生時に由来するものまで)を持たせ、さらにそれぞれの人物の間に人生上で交差する場面がいくつも設けられているので、本当に奥行きのある物語になっています。これほど複雑な関係の交差を、破綻なくストーリーとして成り立たせているのは、台湾ドラマとしては本当に貴重な例なのでは?

あと、台湾社会の複雑さを単純化せずに巧みに描き出している点も、重要な点だと思います。ひとつは、都市と地方ということ。地方から台北に吸い寄せられるかのように集まってくる若者たちを描くわけですが、そのこと自体が地方に対する都会=台北の経済的・社会的な優越を示していて、そのことがはっきり描かれているのは、日本の少女漫画が原作のドラマがどうしても台湾社会固有の文脈から離れた物語になりがちなことを考えると、このドラマの大きな特徴ではないかと。地方の側から見た大都市・台北のイメージ(美麗と石頭が乗る毎朝の通勤電車とか、陳峰の自宅に照り込むネオンの光とか)と、それと対比されるかのような、田舎の空の広さ・海の青さなど、風景の鮮やかさや自然の豊かさの描写。実際、当時はまだ新幹線も開通していないので、地方と台北の間の距離感は今よりもはるかにあったでしょうし、だからこそ「台北に行く」ということは大きな決断だったのかもしれません(逆に言うと、新幹線ができた今、都市と地方の精神的な距離感が以前とどう変わったのか・変わっていないのかは、大変気になるところです)。都市と地方の話とは関係ないけど、台北101ができる前、台北の街を望む高い場所といえば、新光三越の屋上でした(現在はもう入れないようですが)。美麗と石頭が仕事の後にそこで待ち合わせて、美麗が石頭を待ち続けるというエピソードも、今の台湾の若者にはもうそれほどピンと来るものではなくなっているかもしれません。

台湾社会の複雑さに関わるもうひとつの点は、「原住民」(先住民族)の位置づけ。主役の陳峰とその妹の陳眞(小眞)を通して、都会に暮らすいまの原住民の姿を、彼ら/彼女らが置かれている困難な状況も含めて、かなりしっかり描いていること、そしてそれ以上に、原住民がちゃんとした役割を担ったドラマであるということは、大きな特徴でしょう。もちろん、ここに描かれている原住民の姿もやはりステレオタイプに過ぎないという批判もありうるとは思いますが、これだけちゃんと描いているものはなかなかないかも。小眞に至っては、さらに障害もあるという設定なので、一層複雑な立場にあります。それを見事に演じきって、小眞役のSAYAは賞をもらったわけですが(第38屆電視金鐘獎 連續劇女配角獎)。

こうした、物語の複雑さや台湾社会の複雑さを見据える、単純化されない視点が常に保たれていたことが、このドラマの魅力の源泉(の1つ)になっていたような気がします。それは脚本が優れていたというのが一番直接的なことですが、前のエントリにも書いたように、スタッフなど関わっている人たちが本当に真剣にこの作品に取り組んだ(と思われる)ことも、大きかったのではないかと勝手に思っています。

いやしかし、あれこれ書きましたが、本当にいい作品です。もうDVDも入手困難かもしれませんが、ぜひ機会があればご覧いただければと思います!

あと、どうしても「名揚四海」は見られないけど、近い感覚が得られる(かもしれない)作品としては、同じ蔡岳勳が「名揚四海」の直前に撮影した「流星雨 道明寺編」があります。後に「名揚四海」に展開する萌芽的なアイディアが、いくつも見つかる作品。これも機会があればぜひ。

というわけで、最後は「名揚四海」のエンディングテーマ、羅美玲の「愛一直閃亮」を。まず、実際にドラマのエンディングで流れたものを。


フルヴァージョンで聴きたい方は、MVのヴァージョンのこちらをどうぞ。当時赤い髪がトレードマークだった羅美玲は、この後シーンから一旦消えていましたが、数年前に音楽活動を再開しました。最近はどうしてるんだろう。


【ドラマの最新記事】


posted by 研究員B at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160786334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック