2010年08月10日

台湾語・台湾華語の教材情報2 台湾語教材編

「台湾語・台湾華語の教材情報」シリーズ第2回。「きっかけ編」に続いて、本題の「台湾語教材編」です。「台湾語とは何か」というムズカシイ話はひとまず置いておいて、「台湾語」とタイトルについてる語学学習書で、研究員Aが店頭で見かけたものがレビューの対象。評価は個人的なものだし、リストにもれがあるかもしれないけれど、とりあえず現状の調査結果を発表。

1. 村上嘉英 『ニューエクスプレス 台湾語』 (白水社、2009年) 2,730円
【研究員Aの買いたい度 ★★★★★】
決定版。台湾語を学ぶならこれから買え、って本だと思う。構成は、NHKの外国語ラジオ講座そのもの。最初に発音の基礎を一通りやって、それからサンプルの会話(スキット)。その中で出てくる文法・用例などを学ぶという構成。CDもついてるし、本当にラジオ講座的使い方ができるんでは。個人的に買いたい度は満点。さすが世間の流行に関係なく、マニア言語の教材を長く出版し続けてきただけある「ニューエクスプレス」シリーズ!と頭が下がる水準のもの。この本も、1995年から体裁を変えるたびにバージョンアップしてきた成果がきちんといかされている。

2. 趙怡華 『はじめての台湾語 (アスカカルチャー)』 (明日香出版社、2003年) 2,415円
【研究員Aの買いたい度 ★】
Amazonでの評価は高いが、研究員A的には全然だめ。なぜなら、発音についての体系だった説明がまったくなし! しかも発音表記がカタカナのみで、声調記号がない!! これでどうやって発音しろと? CDついてるからそれで良いんだろうか?? 内容的には「会話」ではなく、「フレーズ」がずらり並ぶ形式。台湾語と北京語(台湾華語)が併記されているのは、少し参考になるかな…。

3. 趙怡華、陳豐惠、たかおかおり 『CD BOOK 絵でわかる台湾語会話 (アスカカルチャー)
(明日香出版社、2006年) 1,995円
【研究員Aの買いたい度 ★★】
上の2から下の5までは同じ著者の本。だから癖が似てるし、お互いを補うものとしても読める。この本は「2」の本より「短めで実用的なフレーズを集めた」と冒頭に書いてある。形式が独特で、ページの上部に重要表現(例えば、「給我○○」)が書いてあり、下に「○○」に当てはめられる言葉がずらり(例えば「一杯青草茶」とか)。あてはめて色々な表現が出来るというのは良いかも。また、左ページに台湾語、右ページに北京語(台湾華語)が対応する形で見られるので、二つを一度に学べる気分になるのは良い。発音はさすがにローマ字・ひらがな併記。ただ、イラスト・手書き風フォントなどがまったくもって好みでないのが個人的にはキツイ。

4. 趙怡華著、陳豐惠監修 『(まずはここから!)やさしい台湾語カタコト会話帳
(すばる舎、2008年) 1,365 円
【研究員Aの買いたい度 ★★★】
コンパクト。受験生の時に、このくらいのサイズの参考書で世界史の年号暗記したなあ、みたいなサイズ(分かります?)。これもフレーズがずらりだが、文字が大きかったり、色を使っていたりして、大変見やすい。コンパクトなこととあいまって、とってもとっつきやすい印象。台湾華語と台湾語が併記してあるのはこれも同じ。画期的なことに、見開き2ページですっごく簡単に声調の説明している。簡潔で見やすい図なので、コピーして机の前に貼りたい感じ。ただ、音声教材がついていない。別売りで『DVD版 やさしい台湾語 カタコト会話帳』が買えるけど、やっぱり耳で聞き流せるものの方が語学教材は良いよね…。

5. 趙怡華著、陳豐惠監修 『CD BOOK 台湾語会話フレーズブック
(明日香出版社、2010年) 3,045円
【研究員Aの買いたい度 ★★★★★】
以前twitterでつぶやいた時も反響の大きかったこの本。なんと「台湾語と台湾華語の2言語(約2900)を併記」! 発音の説明はやっぱり手薄だけど、これだけ文例があると、読んでるだけで勉強になる。だって「故人のご冥福をお祈りします」から「ジェリーの笑顔が大好きです」まで、それはもう、ありとあらゆるフレーズが載っているんだもの。読みながら、ちょっとクラクラしてくる。手元において、暇なときに拾い読みして、必要分だけ覚えるだけでも相当に勉強になるんじゃないかなー。台湾語でも、台湾華語でも。

6. 鄭正浩 『聴いて,話すための―台湾語基本単語2000』 (語研、1996年) 1,838円
【研究員Aの買いたい度 ★】
まさに単語集。たとえば「乗り物に乗る」というテーマだと、それに関する単語が左ページに20個くらいずらり。右ページにはその単語を使った練習問題が10問弱。非常に無味乾燥なので、どう使ったらよいのかしら、と本を読みながら首を傾げてしまう。CDが別売り(『CD版 台湾語基本単語2000』)っていうのもね、今時どうなのかしら…。

7. 樋口靖 『台湾語会話』 (第二版、東方書店、2000年) 2,310円
【研究員Aの買いたい度 ★★】
天下の東方書店が出しているだけあって(?)、決定版のプロ仕様。が、あまりに高度すぎて、初心者には手が出ない感じ。だって、たとえば「1」の本が発音に12ページ割いているところ、この本は28ページ!いや、「1」の本が手を抜いているわけではないんですよ。むしろ過不足なく丁寧に説明していると思うのですよ。それが、この本は小さい字でみっちり28ページ。微に入り細に入り説明してくれる。初心者的にはありがたいというより、ドン引き…。ちなみに、スキットも「1」が20だったのに対し、これは65! 上を目指す方はどうぞ。でも、CDが別売りで(『台湾語会話 CD 第二版』)、これがまた高いんだ…。

8. 近藤綾、温浩邦 『すぐ使える! トラベル台湾語超入門!』 (日中出版、2007年) 2,310円
【研究員Aの買いたい度 ★★★】
発音がかなり重視されていて、冒頭に丁寧な説明がある。本文でもローマ字式の発音表記に加えて、カナに独自の声調記号をつけた「近藤式矢印声調記号」をつけるというこだわりぶり! 内容もけっこう多彩で、実際の旅行にありそうな場面別会話が33(課によっては会話ではなくフレーズのこともあり)。個人的には「台湾語を使えるとこんないいことがある!」という4コマ漫画がいくつか載っているのが可笑しかった。屋台でおまけしてもらえたり、町で親切にしてもらえるなら、頑張って学んでみようかなという気にもなるじゃないですか。「トラベル」という名前がつくだけあって実際に旅行に行くという目的では、一番良い本な気がした。

以上、8冊。全体の傾向としては、やっぱり出版年の新しい方が、より分かりやすく、より工夫された教材になってる気がした。「台湾語」を学ぶ・教える、というノウハウもまだまだ発展途上なのかもしれない。

次回「台湾華語教材編」へと続く。
posted by 研究員A at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック