2021年08月14日

9/5開催「台北暮らしから見た台湾のコロナ対策」のお知らせ

第24回おきらく台湾研究所主催イベント(オンライン開催)のお知らせです。

20210905blog.png

今回のテーマは、台湾のコロナ対策。みなさんご存じの通り、台湾は「優等生」と言われるほどにコロナ封じ込めに成功してきました。今年5月にクラスターが発生し、国内で感染が広がった後も、政府や人々が一丸となって対策に取り組み、3か月で警戒レベル引き下げに至ったことも記憶に新しいところです。

コロナ対策に苦戦する日本から見ると、なんだかとってもすごいことをしているように見える台湾。一体、台湾政府はどんな対策を取ってきたのでしょうか。それは台湾の人たちにどんな影響を与え、みんなの暮らしはどう変わったのでしょうか。そして台湾の人たちは、毎日の生活の中でどのようなコロナ対策をとっているのでしょうか。

疑問にお答えいただくのは、台北在住のライター・栖来ひかりさん。台湾の社会や文化に関する興味深い記事や本をたくさん書かれている栖来さん。日本でも有名なデジタル担当大臣、オードリー・タンさんにも先日インタビューされたばかりとのこと。そんな栖来さんに、今回は「台北で暮らす一人の生活者」としてお話しいただきます。コロナに立ち向かう台湾の日々の様子を、特に今年5月にクラスターが出てからの3か月の様子を中心に、教えていただきたいと思います。

20210905hikari_audrey.jpg

コロナ対策については、「これが正しい(間違っている)」「あれが良い(悪い)」といった価値判断が先行しがち。だけど、そういった善悪、正誤といった価値基準にとらわれ過ぎず、「他の人たちは何をしているのかな」「どう考えているのかな」といったことを知る場があってもいいのでは、と思います。私たちがずっと目を向けてきた・関わってきた台湾は、今どうなっているのか。台湾の人たちは、今どんな暮らしをしているのか。それを知り、私たちの「今」と「これから」を考える参考にさせてもらいましょう。興味のある方、ぜひご一緒に!

*栖来さんには「台北に暮らす人」としての体験をもとにお話しくださるようにお願いしています。ですから、栖来さんのお話しくださることが「台湾のすべて」とも、「台湾を代表する」ものとも限りません。そのことを踏まえた上で、「台湾に暮らす人」の実感を聞くことを楽しめる方のご参加をお待ちしています。
*今回のイベントは、「何が正しいか」「何が良いか」を示し、それを賛美することを目的とはしていません。それは同時に「間違っているもの」「悪いもの」を糾弾することを目的としてもいないということです。コロナ対策については、それぞれ色々な思いがあると思います。でもそういった思いをただぶつけあうのではなく、互いの立場や意見を尊重しながら、考えを深め視野を広げる会にしたいと思っています。ご理解いただける方のご参加をお待ちしています。


【おきらく台湾研究所・オンラインイベント】
台北暮らしから見た台湾のコロナ対策


●ゲスト:栖来ひかりtwitter / Instagram / blog
●司会進行:おきらく台湾研究所・研究員A

※オンラインで開催します(ZOOMのウェビナー機能を利用します)。
日時 : 2021年9月5日(日)午後3時00分〜午後4時30分
参加費: 1000円(税込)
参加人数:最大50名

参加ご希望の方は、Peatixのページからお申し込みください。

【注意事項】:
〇当日の配信の情報など、イベントに関するご連絡はPeatixを通じて行います。申込時などにPeatixのメールが送信されますが、迷惑メールフォルダなどに入ってしまい気づかれないことがありますので、よくご確認をお願いいたします。
〇事前に無料アプリ「ZOOM」のダウンロードをお願いいたします。
〇Android版のPeatixアプリでうまく申し込みができないことがあるようです。その場合はスマホのブラウザやパソコンからお申し込みください。
キャンセルについては、開催日当日は対応いたしません(キャンセルに伴う手数料については、Peatixの参加者ヘルプのページでご確認ください)。また、当日視聴画面にうまくアクセスできないなどの不具合が発生した際も、返金はできかねます。あらかじめご了承ください。
〇終了後のアーカイブ配信の予定はありません。ご了承ください。


ご参加をお待ちしています!


posted by 研究員B at 21:59 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。