2019年09月06日

ゆったり巡る大人の高雄旅(6)〜バナナの里・旗山を楽しむ〜

おきらく台湾研究所の「特派員」として、台湾好きのデザイナー&イラストレーター・keikoさんに、タイガーエア台湾と高雄観光局による高雄のメディアツアーに参加していただきました。
今回は、keikoさんによる高雄の旅のレポートの6回目です。他の回については以下からどうぞ!
★ ★ ★

今回の高雄の旅では、郊外にも行くことができました。
場所は旗山駅と旗山老街。この駅がある旗山はバナナで有名な場所です。

旗山駅は日本統治時代、高砂製糖株式会社の糖業鉄道開通後に建てられた駅。
1930年代以降は旅客輸送用の鉄道としてたくさんの人に利用される駅となり、街も発展しました。1970年代に鉄道は廃線となり、現在は資料館という形で駅が残っています。旗山老街は美味しいお店がとても多く、いまでも人気の観光スポットだそうです。

KAO6-01.jpg

旗山に到着し、まず訪れたのは「旗山車站 - 糖鐵故事館」。
高雄市政府が2016年にオープンした観光スポットです。
駅舎は数年前に修復されており、当時の建築の様子が再現されています。

KAO6-02.jpg

入り口には可愛いフォトスポットも。

KAO6-03.jpg

中に行ってみると、まず目に入るのは大きな模型。
実物サイズで作られた模型が展示されており、迫力があります。

施設内にはかわいい電車の模型や街のジオラマなどもあり、見応えがありました。

KAO6-04.jpg

製糖工場があった時代を知ることができる展示も充実していました。
全て中国語の展示ではありますが、たくさんの写真やイラストや実物が展示されていたため、内容がとてもわかりやすかったです。
鉄道好きな方はもちろん、そうでない方も十分に楽しめると思います。

小さな電車の中では、VR体験も。こちらは予約なしで体験できるそうです。
VRをみている間は実際に電車が揺れていて、臨場感がある体験ができました。

KAO6-05.jpg

ここ糖鐵故事館で私が特筆したいのは、お土産のこと。
バナナを使ったお土産が豊富にそろっています。

私はバナナ入りパイナップルケーキとドライバナナを購入しました。
このドライバナナ、少しクセのある味でとても美味しい!
次回行った時はぜひまた購入しようと思った一品です。

パイナップルケーキ2個入りは、こんなに可愛いパッケージに入っています。
バラマキのお土産としてもおすすめです。

KAO6-06.jpg

また、お土産コーナーにはアイスキャンディーのブランド「枝仔冰城」も置いてあります。枝仔冰城はここ旗山で生まれたブランド。
この場所だけの限定、ローゼルのアイスキャンディーも売っていました。

他にも汽笛の音が出る木製の笛や可愛い雑貨など、おもしろいお土産がたくさんありました。入れてくれる紙袋もとても素敵なデザイン。
他ではあまり見られない台湾のお土産を購入したい方におすすめです。

KAO6-07.jpg

このあとはお待ちかね。老街を散策する予定だったのですが……。

この日は高雄の一部に水の被害がでるほどの土砂降り。
残念ながら街の散策はできず、すぐにタクシーに乗り込むことになりました。

しかし、とても嬉しいサプライズが!
なんとタクシーの運転手さんがバナナケーキをプレゼントしてくれました。
私と同乗者の方で「旗山には美味しいバナナケーキがあるらしい」と車内で話していたのですが、それを聞いた運転手さんが気を利かせて購入してくださっていたのです。

申し訳ないやら嬉しいやらで、とても感動!
味見に数口いただいたあと、日本に持って帰ってからいただきました。

バナナケーキで有名な「吉美香蕉蛋糕」というお店のバナナケーキ。
しっとりとしたシフォンケーキのような食感です。
濃厚なバナナの味を感じる、とても美味しいケーキでした。

KAO6-08.jpg

KAO6-09.jpg

老街歩きができなかったことが心残りとなった滞在となりました。
次回、かならず再訪したいと思います。

【旗山車站 - 糖鐵故事館】
○公式サイト: https://cishanstation.khcc.gov.tw/home01.aspx?ID=1 (日英中表記あり)
○アクセス: http://cishanstation.khcc.gov.tw/home02.aspx?ID=$1003&IDK=2&EXEC=L
○入場料: 30元
○開放時間:
 月・水木金:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
 土日祝日: 10:00〜19:00(入場は18:30まで)
 火曜休み/台風で停班停課の際は休み
○土日祝は無料でツアーがあります。 11:00、13:30、14:30、15:30、16:30、17:30
○スタッフさんは皆さん英語OK。
 日本語ができるスタッフさんが1人いらっしゃいますが、勤務日時は不定期とのこと。
 詳しくは現地でお問い合わせください。

★ ★ ★

ゆったり巡る大人の高雄旅レポートはこれでおしまい。
様々な観光スポットを巡り、たくさんの高雄の魅力に触れることができました。
訪れる先でお会いする方達が、皆やさしく迎えてくださったのも印象的。
人との関わりを感じられたのも嬉しかったです。

のんびりゆったりしたくなった時、また高雄を訪れたいと思います。

336-280.jpg


posted by 研究員B at 20:42 | Comment(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする