2017年08月14日

台湾子留学2017 22日目―お休みの一日をもう一度

所長(10歳)のサマースクールもおとといですべて終了し、帰国前に少しだけ完全にオフの時間を台北で過ごしています。昨日に続き、今日もお休みの一日でした。

あ、昨日に続いて研究員Aの要望で、今回も研究員Bが執筆を担当します。よろしくです。

さて今朝の朝食は、トーストサンド激戦地・公館で、Aと所長があちこち食べ比べた結果「第2位」と(勝手に)認定した、「吃吐吧」(台北市中正區羅斯福路四段138-1號)で買ったもの。ここはチーズトーストでサンドするのですが、今回買ったのは照り焼きチキン・メキシカンビーフ・そしてリンゴのコンポートのチーズトーストサンド。不思議な組み合わせのように思う人もいるかもしれませんが、これがなかなかいいんです! 意外に重くなく、ぺろりと食べてしまいました。

20170813g.jpg

店の前面にある窯で焼いたチーズトーストは絶妙な焼き上がりで、具もちゃんとおいしい。リンゴのコンポートなんか、リンゴがこの厚みです!

20170813h.jpg

公館エリアは中式の朝食があまり強くないけど、その分いろいろ新しい朝食のお店が活発な印象があります。トーストサンドの激戦区になったのもその一例で、地域の個性が出ていて面白いです。

その後は、前日に続きやはりお休みモードでみな動きが悪く、帰国を前に宿舎で荷造りや片付けなどをしているうちに、また昼過ぎになってしまう。出遅れて今日向かったのは、台北駅です。

実は台北駅は、以前から日曜には多くの人が集まっていると聞いていたので、その様子を実際に見てみたいというBの希望で訪れました。誰が集まっているのかというと……東南アジア各国から台湾にやってきて働いている、外国人労働者の人たちです。

台北駅の建物の中央にある、あの広いホールがこんな風景になっていました。

20170813j.jpg

みんなで集まって、あれこれ食べたり談笑したり、という輪が台北駅のホール中に広がっていました。別にこれはイベントとかではなく、みなさんなんとなく集まっているだけで、適当に抜けたり、途中からやってきたり。くつろいで他の人の膝で眠る人もいれば、特別な衣装で着飾って写真を撮ることに興じる人も。親子連れもいました。みんな、休日らしくリラックスした表情で、楽しそうでした。

実はホール以外にも、駅の建物周辺のあちこちで、外国人労働者の若者たちが集って過ごしていました。それぞれ平日は苦労もいろいろあるのだろうなあと思いつつ、台湾で少しでもいい時間を過ごしてくれればと思わずにはいられませんでした。それと同時に、研究員AがSNSで書いたように、「彼らを追い出さず公共スペースを解放し続ける社会の度量に、色々と考えさせられる」のも確かでした。

あと、台北駅の東側、東3門を出て少し歩いたところに北平西路という短い通りがあるのですが、そこはインドネシア人街になっています。先日、平日に訪れたときはあまり店も開いてなくて人もいなかったのですが、日曜だと屋台がいっぱい出ていて、夜市のような盛り上がり。みんなあれこれ食べていて、こちらも大変楽しそうな様子でした。携帯電話や電化製品の店、ヘアカットの店なども。先日訪れた台北駅地下街のY26〜28あたりとともに、台北でインドネシアの雰囲気が感じられる場所でした。

20170813i.jpg

その後はちょこちょこと買い物をしたりして、いろいろ荷物を抱えて夕方に宿舎に戻り一服。今回の台湾滞在最後となる夕食は、Aの希望で火鍋を食べることに。訪れたのは、宿舎からほど近い「石頭公石頭火鍋」(台北市中正區汀州路三段92號)。所長を含め3人でしたが、2人のセット(580元+サービス料)を頼んでみました。

おいしかったです! 特に店オリジナルの沙茶醤がおいしく、それをベースに自分でつくったタレでがつがつ食べてしまいました。

20170813k.JPG

この店は食べ放題ではなく、また無料のドリンクバーはあるけどデザート関係はなし。それだけ聞くと物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、でも中年夫婦と小学生の3人で、2人のセットを食べるのでも量は十分でした。また、決して台湾の火鍋の最高峰を競うレベルの店ではないけど、近所にあったらうれしいローカル人気店らしく、十分においしく、満足できました。アメコミのキャラクターが壁から飛び出ていて(!)びっくりしますが、店内にごちゃごちゃした感じがないのもよかった。

あ、今日も所長は、「宿舎でジャニーズをYoutubeで満喫」という至福の時間があったので、その点は満足そうでした(笑)。夕食の後には、所長が愛する「光南大批發」(台北公館店:台北市中正區羅斯福路四段114號)で、日本の友達へのおみやげのお菓子を楽しく選んで購入。帰り道、長い滞在がいよいよ終わりつつあることをかみしめつつ、お世話になった市場やお店を通るたびに、三人で口々にお店に向けて「バイバイ、おいしかったよ〜」などと言ったりしながら宿舎に帰りました。ありがとう、公館!

さてさて、いよいよ明日は本当に最後の日です。時間は限られていますが、少しでも何かができるといいのですが。



posted by 研究員B at 02:19 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする