2017年08月13日

台湾親子留学2017 21日目―お休みの一日

所長(10歳)のサマースクールも昨日ですべて終了。今日は完全にお休みの一日でした。

研究員Aが「疲れた〜」と言って眠ってしまったので、今回はずっとブログを更新してきたAに代わって研究員Bが担当します。雰囲気が変わりますがご容赦を。

さて、寝坊気味で迎えた朝、少し遅めの朝食を食べに行ったのは「倆倆號」(公館汀洲店:台北市中正區汀州路三段158-1號)。今回の宿泊エリア・公館はトーストサンド激戦地だそうで、自分が台北に来る前の2週間に、Aと所長があちこち食べ比べた結果、ここがベストだというのでやってきました。

20170813a.jpg

食べてみると、なるほどおいしい! 味のおいしさに加えて、具がぎっちり入っていて大変充実。また、カットされて提供されるのだけど、その断面もとても華やか。店内は広くはないけど、店舗デザインもお洒落で、価格もリーズナブル。人気店であることがいろんな面で納得できます。具が充実し過ぎているせいか、甘いサンドの甘さはもうちょっと控えめでもいい気がしましたが(個人の印象です)、それでも魅力的な店なのは間違いありません。

20170813c.jpg

宿舎への帰り道に、「水花園有機農夫市集」(毎週土曜に自來水園區水霧花園(台北市中正區思源街1號)で開催:Facebook)に立ち寄る。昨年ここで買った「火龍果ジュース」は衝撃的においしかったのだけど、残念ながらこの日は販売している様子なし。でも味見させてもらったスイカや、購入したバナナはほんと絶品でした。

さてその後、3週間の疲れのせいか、今一つみな体が動かない。結局昼過ぎまで宿舎でなんとなく過ごすことに。ようやく出発して向かった先は、実に4年ぶりに訪れた迪化街。

久々の迪化街は、新しい店がさらに増えて観光客も多く、10年近く前の地味な雰囲気を思うと別の場所に来たような感覚。以前はなかった店をのぞいたり、以前と変わらない店に入ったり。ぶらぶら街を歩いて店をのぞくという時間は、特にAはこれまでの滞在中全然なかったので、とても楽しんでいました(暑かったけど)。食べたものや飲んだものは追い追いAから紹介すると思いますが、一つだけ簡単に書いておくと、「古早味杏仁茶」(台北市大同區永昌街21號)の冰杏仁茶はものすごくおいしかった!

北に向けて歩いて行くと、以前はこの先はもう観光客はゼロで地元の方しか来なかった、というエリアにどんどん新しい店ができていて、観光客も奥まで足を延ばしている感じ。一層不思議な感じがしました。浦島太郎なだけかもしれませんが…。

ぶらぶら歩きを続けて、最後に訪れたのが「阿嬤家 和平與女性人權館」(台北市大同區迪化街一段256號;公式サイトFacebook)。これについては、まずAがSNSで書いた言葉をはりつけておきましょう。

……迪化街の阿嬤家。かつて「慰安婦」であったおばあちゃん達の歩んだ道を記録する記念館。凄惨な記憶と前を向くしなやかさが共存する場所。行って良かった。

20170813d.jpg

慰安婦というシステムがどのように運用されていたかを理解すること。そして慰安婦であった人が確かに存在し、でも慰安婦であったことはその人達の一部でしかないと実感すること。どちらもしていかないと分からない何かがここにはある。

20170813e.jpg

入り口はとてもお洒落なカフェ。カフェとしての評価も高いので、こちらだけでも行く価値あり。参観口はカフェの奥。キュートなおばあちゃん達の命の記録、ぜひのぞいてみてください。(A)

20170813f.jpg

ここの展示は響くものばかりだけど、その一つが3人の阿嬤が若い時にできなかった夢(郵便配達、歌手、空姐)を実現するパネル。どの阿嬤の表情もとてもいい顔。大変な経験をしたことは、阿嬤たちの人生にとってもちろん決定的に大きなことかもしれないけど、他方でこの「阿嬤家」で感じるのは、その大変な経験に阿嬤たちの人生をすべて還元してしまうことの暴力性です。阿嬤たちの人生はそれだけではないし、そのことを阿嬤たち自身が確かめなおす過程が展示を通じて描かれているのが、本当に印象的。そしてまた、そうした具体的な阿嬤たちの姿だけでなく、彼女たち以外の見えないままになっている(だけど間違いなく存在した)ほかの阿嬤たちがたくさんいることを、展示の随所で喚起している点も印象的でした。いろんな意味で、ここはその名前のとおり、ミュージアムという以上に阿嬤たちの「家」なのだと感じずにはいられませんでした。

青木由香さんのショップ「你好我好」のすぐ近くです。機会があればぜひ一度。

……あ、今日の所長ですが、今日は宿舎でゆっくりしてジャニーズをYoutubeで満喫する時間があったので、その点は満足そうでした(笑)。今の彼女には、「引きこもってジャニーズ三昧」が一番疲れを癒す方法みたいです。……って、「いいのかそれで?」という思いと、「自分にもそういう面があるかも?」という思いの両方が頭をよぎり、複雑な気持ちの父でした(笑)。


★お知らせ★
9月2日(土)に東京ウィメンズプラザで、おきらく研のイベント「台湾「親子留学」報告会」を開催します。詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員B at 01:20 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする