2017年08月08日

9/2(土)「台湾「親子留学」報告会」のお知らせ

台湾滞在中ですが、第3回おきらく研主催イベントのお知らせです。

今回のテーマは、ずばり「台湾「親子留学」報告会」

20170723a.jpg

今年と去年、2年続けて台湾に「親子留学」した研究員Aと所長(10歳)。

毎日、どんな暮らしをしているの? 所長の学校生活はどんな感じ? 研究員Aは学校に行くのと行かないの、どっちが楽しい? 中国語の進歩はそれぞれいかが? 大変なことと楽しいこと、どんなことがある?

などなど。

今年のサマースクールだけでなく、去年のサマースクールの体験も交えながら、「台湾親子留学」がどんなものだったのか、写真をたくさんお見せしながらご紹介しようと思います。更に後半は、会場の皆様からのご質問にお答えしながら、滞在中のあれこれについてたっぷりお話ししたいと考えています。(所長のご機嫌が良ければ、ここで「所長にインタビュー」コーナーがあるかも?)

台湾親子留学にいつかは行ってみたいという方や、おきらく研の台湾滞在記を聞いてみたいという方、お待ちしています! もしかしたら、台湾からのちょこっと土産もあるかも、です。


【おきらく台湾研究所・トークイベント】
台湾「親子留学」報告会

【トーク】
おきらく台湾研究所・研究員A
(2016年夏、台北・中國文化大學に3週間留学)
●(機嫌が良ければ)おきらく台湾研究所・所長(10歳)
(2016年夏・2017年夏、台北・中國文化大學に各3週間留学)

日時 : 2017年9月2日(土)午後2時〜午後4時(開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第二会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込:小学生以下は無料)
定員 : 50名(申込先着順・要事前申込)

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇子連れの参加も可能です。ただし託児サービスはありませんので、他の参加者の迷惑にならないようご配慮ください。
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。

ご参加をお待ちしています!

posted by 研究員A at 20:00 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾親子留学2017 16日目−所長(10歳)、スマホ?を手に入れる

以前も書いたが、今年のサマースクールのクラスはスマホやタブレットを持っている子が多い。多いというか、所長(10歳)以外の全員が持っている。
「いらない、いらない」
とずっと突っぱねてきた研究員A。でも宜蘭に遠足に行った時、
「みんな写真を撮ってたのに、所長は撮れなくてつまんなかった…」
と悲しげに呟いているのを見てちょっと不憫になった。

そこで、研究員Bに頼んで日本から持ってきてもらったもの。それは、研究員Aがむかーし使ってたスマホ!

20170807a.jpg

あまりに古すぎて、今のアプリはほとんど入れられない。回線も契約していないので、WiFiがなければネットにもつながらない。でも、「スマホを持ってる」気分にはなれるし、写真も撮れる。これでどうだ?

案の定、所長は大喜び。大事にリュックに入れて登校。

帰ってくると、今日とった写真を見せてくれる。大体は、授業中にノートをとりきれなかったパワポ画像。宿題もしっかり写真におさめてきたので、私も適切な指導ができる。何をやっているか見えるので、こういう形で報告してくれるのはいいかもな。

あと、面白かったのは昼休みのクラスの様子を撮った動画。みんながみんな、それぞれのスマホやタブレットを見ている静かな教室。それをぐるぐる回りながら撮影していておかしい。

おかしいけど、昼休みにこれはどうなんだろうなあ。せっかくサマースクールに来てるのに、友達と遊びもせず、話もせずにスマホって。この話に関しては、いつもいつも同じことばかり言ってるけど。

「せっかくだから、みんなの自己紹介の動画を撮りなよ。面白いし、思い出になるよ」
ちょっと所長をけしかけてみる。
「きっとみんな嫌って言うよ〜」
という所長。でも、スマホで「つながる」方法も試してみないとね。あと一週間。せっかくの一週間。スマホを見ているだけで終わっちゃったらつまんないよ。

【今日の研究員Aと研究員B】
今日から研究員AとBは二人で行動。昨日来た研究員Bに
「どこに行く?」
と聞いたら、
「とりあえず台大」
ということなので、YouBikeに乗って台大へ。まずは図書館でちょこっと調べもの。

その後、「美濃客家粄條」(台北市大安區和平東路二段118巷46號)でお昼。研究員Bが食べてた梅干扣肉のプレートが激うまだった! 副菜も含め!

20170807b.jpg

食べ終わったら、またYouBikeに乗って台湾大学校史館(「臺大校史館」 臺北市大安區羅斯福路四段一號)へ。ここは帝国大学時代に建てられた図書館を、大学史資料館として開放している場所。

20170807c.jpg

昔から図書館で時間を過ごすことが多かった研究員Aは、「旧図書館」と聞いただけで気持ちが動く。どれだけの学生が、どれだけの時間をここで過ごしたのだろう。どんな思いをここで抱いて、どこへ巣立っていったのだろう。そんなことを、高い天井と美しい窓を見ながら心の奥で感じようとしてしまう。

20170807d.jpg

展示物も、パネル中心だけどとっても面白い。帝国大学時代の入学者名簿(10人に1人くらいの割合でしか中国人名がない!)とか、白先勇の直筆原稿とか、拾いどころは色々。研究員Bに
「ここ、興味深いよ」
と促されてみた、戦後のいろんな形での弾圧と戦いの歴史を説明した展示。新しくひまわり学生運動のパネルも付け加えられていてすごいなあ、と。

ちなみに、校史館の隣は人類学博物館。こちらはコンパクトながら、各原住民のすてきな手仕事が紹介されている。髪飾りから、洋服から、舟まで、可愛い物ばっかりでときめく、ときめく。手仕事系雑貨が好きな人は必見ですよ、こちら。

見終わった後は、台湾大学農產品展示中心でアイスクリームサンド(三明治冰淇淋、18元)を食べたり。

20170807e.jpg

おいしいけど、研究員Aにはちょっと甘みが強いかなあ。あと、思った以上に大きい…。一気食いするとお腹が痛くなる…。(研究員B追記: いやいやこれ、激ウマです。牛乳の濃厚さ満点のアイスを、塩気のある香ばしいクラッカーでしっかりサンド。甘さや冷えに弱いAはともかく、多くの方は大満足するはず!)

あとは所長をお迎えに行って、再びヂェン先生こと鄭惠中先生のアトリエ兼ショップ(「惠中布衣文創工作室」 新北市中和區中山路三段179巷15號)に行って、所長と研究員Bのズボンを買った。写真を載せたいんだけど、暗くて良い写真が撮れなかったので、また明日ということで。


posted by 研究員A at 00:33 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする