2017年08月03日

台湾親子留学2017 12日目―所長(10歳)の居場所探し

今朝は再びボーイッシュな服に戻った所長(10歳)。

20170803a.jpg

男の子と間違えられるのも嫌だが、「毎日同じ服を着てるって思われるのも嫌」。女心は難しいね〜。

心なしかふくれっ面なのは、服のせいだけではない。

1.サマースクールが始まった頃から仲良しだった3人組。所長とAちゃん、Zちゃんとの「絆が壊れた」。昨日の遠足の際、Nちゃんが仲間に入ったことにより、所長が3人組から弾き出されてしまったとのこと。
「遊びに誘ってくれなくなったし、行っても遊んでくれないの。Nちゃん、ムカつく!」
代わりに、Yちゃんという友達を得たからいいじゃん、と研究員Aとしては思わなくもない。言葉や年齢の問題もあるのだろうし。でも、本人は納得のいかないことみたい。女子の人間関係は世界中どこに行っても難しいね。

2.学校の授業は3時まで。でも、宿題等の手伝いが必要な子どもは4時まで残って勉強してもいい。今まで所長は
「残りたくない。3時に帰る」
と頑なに主張し続けてきた。しかし、宿舎に戻ってもだらだらテレビを見るだけの生活にキレた研究員Aが、せめて3時半まで居残り勉強すべしと強要。嫌々ながらも、それを受け入れたけど不本意な所長。

そんなわけで所長は朝からふくれっ面。さて、放課後はどうなりますか。

早めに迎えに行くと言っておきながら、今日も今日とて、遅れ気味のお迎え。怒っているかなーと思いきや、ニコニコ笑顔で飛び出てきた所長。
「めっちゃ楽しかった!」
なぜなら他クラスの日本在住の男の子たちと一緒になり、日本語でバカ話をできたから。日本在住と言ってもそれぞれが育った背景は様々で、現在住んでる場所も、年齢も、中国語の能力も、台湾との縁も違う。でもそういった違いを乗り越えて「日本語」という枠で仲良くなれるのが海外生活のすごいところ。所長は久しぶりに日本語で自分を思いっきり表現できて、ずいぶんすっきりしたらしい。すがすがしい笑顔で帰途についた。

後から聞くと、先日やったテストの点数も良かったとのこと。92点でクラス2番! さすが「書く」のは強い日本人。でも、ちゃんと評価される分野があって良かったね。久しぶりに所長の得意気な笑顔を見て、ちょっとほっとする。

【今日の研究員A】
所長を送ってから台湾大学図書館へ。YouBikeがあるからもう何も怖くない!とばかりに途中のカフェでお茶したり。

20170803b.jpg

行ったのは「BeansLab 豆系研究室」(台北市大安區辛亥二路171巷6弄6號)。おしゃれでしたわー。たまにはこういうの癒される〜。

でもって、今日も突入の台湾大学図書館。

20170803c.jpg

今日は5階の特別閲覧室でマイクロフィルムを見るのが目的。そろそろボスキャラに近づいたぜ!な気持ちで臨む。

1階で資料番号を再確認して、必要単語のピンイン等を調べたら、いざ5階へ。カウンターで閲覧証と引き換えに特別閲覧証をもらってから、マイクロフィルムを見たいことを伝える。さくさくと手続きを進めてくれたお姉さんは、
「じゃあ、持ってくるのでしばらくお待ちください」
とその場を立ち去る。ぼんやりと待っていると、カウンターに残っていたベテラン風のおばさまに声をかけられる。
「ねえ、あなた。この資料が見たいのよね? それだったら、ここも使ってみるといいわよ」
見せてくれたのは、とっても役に立ちそうなサイト。うわあ、聞いてもいないのに教えてくれるとか、どんだけ親切なんだ!

私が説明受けているうちに、マイクロフィルムを取りに行っていたお姉さんがいつの間にか戻ってきていた。振り返ると
「はい。準備しておきました。どうぞご覧ください」
なんだ? ここはメイド喫茶か!? なんでこんなに至れり尽くせりなんだ? マイクロフィルムをセットしてくれるとかいうサービスがある図書館が存在するのか??

自分がかつて利用したことのある図書館(特に旧国立系大学図書館)での扱いのひどさが、走馬灯のように頭をよぎる。うう、きっとここは天国だ。もしくはメイド喫茶だ。見終わったらやっぱりフィルムを片付けてくれたし。なんてすばらしい図書館なんだ。台大生、君たちはこの素晴らしい図書館(とそのスタッフ)を誇りに思っていいぞ。

ボスキャラには黒幕がいたため、ゲームはまだ続く、という感じの展開になったものの、台湾大学図書館の素晴らしさに心底感動の一日であった。

【おまけ】
放課後に所長と二人でおやつ。学校の近くにできていた「其實豆製所」(大安店:台北市大安區瑞安街274號)という豆乳スイーツの店。

20170803d.jpg

ここ、店の前を通ると大豆の匂いが漂ってくるんですよ。すごいでしょ。

おしゃれな外観だし、気になって気になって仕方なかったので、所長と二人で突入。豆花に小豆をトッピングしたものを注文。

20170803e.jpg

うーん、ちょっとシロップが甘すぎるかな。でも、豆花は大豆を強力に感じさせる豆腐っぽい仕上がり。豆乳ソフトとか他にも気になる商品があるので、また来て試してみよう。

posted by 研究員A at 23:26 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする