2017年05月31日

西早稲田「I Love 豆花」に行ってきた!

「ねえねえ、こんな店ができたって知ってる?」と、研究員Bが聞いてきたのは約1か月前のこと。なんと、2月に西早稲田に豆花の店がオープンしていたという。日々、台湾関係の情報を検索している研究員Bの情報網にもなかなか引っかからなかったこちらのお店。最近流行りの「なんちゃって台湾スイーツ」のお店じゃないの?と疑いのまなざしを向けるも、蛋餅セットがあると聞いて俄然、興味が湧く。

タイミングよく近くに行く用事があった研究員Bは、その話をした数日後にお店へ。「蛋餅いいよ〜」「タレがうまい!」「豆花も追加でとった〜」「あ、これなかなか!」とLINEで送られてくる写真と実況を見ながら、「ぎゃー、私も食べたい〜!」と悔しがる研究員A。満を持して先週金曜日に行ってきた。

店の名前は「I Love 豆花」公式サイトFacebooktwitter)。場所は、高田馬場から早稲田大学へ歩く大通りから横道に入ったところ。高田馬場というより「都の西北」圏内。駅は西早稲田が一番近いけど、高田馬場からも歩ける。

静かな脇道に突如出現する賑やかなお店。おお、これか!なんかすごいぞ!

170531a.jpg

中に入ってみると、広い! そしてきれい! でもあんまりお客さんがいないなー。もったいない。

170531b.jpg

とりあえずはカウンターで注文。お昼を食べてないことだし、やっぱり蛋餅セットだよね。限定20食って書いてあるし。

170531e.jpg

というわけで、しばし待つ。店内のフライパンでじゅうっと焼いてくれるので、出てくるのはちょっと遅い。まあ、美味しいものを食べるには待たないとね。

待ってる間に店内をきょろきょろ偵察。オリジナルグッズ売り場+台湾関係の本や雑誌があるコーナーをのぞいたりして時間を潰す。

170531f.jpg

そして、やってきた蛋餅セット。500円。

170531g.jpg

蛋餅の中身はツナを選択。

170531d.jpg

で、ぱくり。わあああっ、蛋餅だ! 焼きたての蛋餅だ! 一人心の中で盛りあがる研究員A。がっつり腹持ちの良いタイプではないけど、ふんわり優しい系の蛋餅でとてもなごむ。お店手作りという甘じょっぱいタレが、またこの優しい蛋餅にぴったりなんだ。

セットでついてきたミルクティーもまた、がつんと茶葉の味が前に出た台湾味。ほんのちょっとだけど、どこかが確実に日本と違う台湾味がきちんと再現されていて、なんだかとっても嬉しくなる。

セットのミニ豆花はゴマ豆花。ゴマの味がきいてとても美味しいが、豆花の実力をみるためにはやはりプレーンを食べてみなければ。ということで、追加注文。

170531h.jpg

プレーン豆花+黒タピオカとピーナツ。

170531c.jpg

これが!また!すごーく台湾味! 豆乳の味がしっかりして、ざらりとした食感。つるんとした豆花が多い日本だと、これはかなり貴重。「シロップがちょっと甘いかも」と研究員Bは言ってたけど、これだけしっかりした食感の豆花だと、多少甘めの方がバランスがいいかも。全体としては、すごく「台湾の豆花」になってて大感動。

でも、メニューの説明を見ると、このお店の豆花は寒天を使って固めている、と書いてある。寒天を使っても、こんなにザラッとして食感になるものなの? 不思議に思って、帰りがけに店主さんにお話を聞いてみる。すると、この食感を寒天で出すために、4か月も試行錯誤をしたとのこと。そうかー、一朝一夕で出せる味じゃないんだよね。

「でも、台湾でも健康を考えて寒天を使う豆花屋が増えているんですよ」なんていう興味深いお話もうかがい、とっても感心しながら「ごちそうさま」を言って店を去る。

私が行った時は、平日の昼ということもあってお店はガラガラ。こんなにおいしいのに、こんなに素敵なお店なのに、もったいない。チェーン店ではないからこそ出せる台湾の手作りの味、本場の味。恋しくなってる方は、ぜひとも西早稲田へ!試してみる価値ありですよ。

おまけ。最近メニューに加わったらしい肉燥麺。今度行ったら食べてみたいな。

170531i.jpg

posted by 研究員A at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

イベント「経験者に聞く! 30代からの台湾短期留学」を開催しました!

5月28日に、第2回おきらく台湾研究所主催イベント「経験者に聞く! 30代からの台湾短期留学」を行いました。

ありがたいことに、今回のイベントも満席。期待に応えるべく留学関係の資料コーナーを作ってみたり。

20170530a.jpg

展示したのは、ゲストのエリさん、keikoさん、そして研究員Aが留学時に使った教科書。あと、入手できた語学センター関係の資料。keikoさんが作成している台湾華語LINEスタンプ「モチャとジャッキー」(LINE STORE同part 2)も遊びに来てくれましたよ(笑)。

そう、説明が遅れましたが、今回のゲストは二人。台湾師範大学に2か月留学されたエリさんと、中国文化大学に3か月留学されたkeikoさん(instagramの台湾留学日記「我的普通日記」は必読!)。

20170530b.jpg

顔出しNGですが、お二人ともとっても素敵で可愛らしい方です。

こんなお二人が、なぜ単身台湾へ渡ったのか? 台湾での生活はどうだったのか?を知るべく、前半は研究員Aがお二人に質問する形で進行。

●台湾にハマったきっかけは? どうして留学しようと思ったの?
●留学に行くまではどんな準備をしていたの?
●どんなところに住んでいたの? そこはどうやって見つけたの? 家賃は?
●学校はどうやって選んだの?
●授業はどんな風に進むの?

などなど。エリさんは台湾に興味を持ってから半年で、まったく中国語もできない状態で留学したという情報が冒頭から飛び出し、みんなでびっくり。

20170530c.jpg

実際に住んでいた場所やクラスメートとの写真などを見せてもらいながら、詳しくお話をうかがう(keikoさんの引っ越し歴と「便利な場所に住むべし」の重い言葉に、なんともいえぬどよめきが)。かなり情報盛りだくさん。司会をしていた研究員Aも飽和状態になってきたあたりで、いったん休憩。参加者の皆さんにおやつとお茶をお出しして、質問用紙を書いたり、資料を見たりしていただく。

後半は、会場から寄せられた質問を、研究員Aがまとめる形でお二人に聞いていく。これがまた多種多様。

●辞書は何を使っていましたか
●勉強時間、勉強法を教えてください
●簡体字のクラスはありますか
●発音は台湾式ですか

といった、学習面に関する質問。

●台湾人の友達はできましたか
●語学以外に台湾事情、文化などのクラスは取れますか
●語学以外に「これだけは台湾でやってこよう」と決めたテーマはありますか
●台湾に旅行する時の魅力と、一定期間住むことの魅力との違いを教えてください

といった生活全般への質問。

●留学後、再就職するのに苦労はありませんでしたか
●留学後、仕事や生活で中国語を生かす機会はありますか
●日本でおすすめの語学学校はありますか

といった日本帰国後の生活に関する質問。

そして、もちろん多くの方から出たのは、

●総額でいくらかかりましたか
●貯金はどのくらいしていったらいいですか

といったお金に関する質問。

一つ一つに丁寧に答えていく…にはあまりにも時間がなく、駆け足でも全てに答えようと全力を尽くしてくださったゲストのお二人。ありがとうございます。個人的には「日本語の文法書を一冊持っていくといい。十分に説明が理解できなかった時もあとで確認できるから」というkeikoさんのアドバイスはなるほど!と思ったり。

最後に、keikoさんからノートと手作りカードを参加者の皆さんにプレゼント。おきらく研からも、トーク中に紹介した日本台湾教育センターでもらった留学関係資料を希望者の方にプレゼント。

そんなこんなで怒涛の二時間は終了。今回は来場者の方も聞きたいことがたくさんあり、密度の高い回でした。一方で、たくさん寄せられた皆さんの熱い思いを研究員Aがうまくさばききれず、ちょっぴり消化不良に感じられる面もあったかもしれない…と反省しております。申し訳ありません。

終了後のアンケートでは、「地方留学の話も聞きたい」「1週間以下の超短期留学について知りたい」という声もいただきました。また、質問に答えていた際に、keikoさん・エリさんのような大学のコースではなく、語学学校(TLI: Taipei Language Instituteなど)に通われた方が会場にいらして、その情報も教えていただきました(感謝!)。

「大人の台湾留学」については、確かになかなか情報が集まりにくいもの。これからも定期的に留学体験を聞く会を開催できたら面白いかも、と妄想したりもしました。今回、参加された皆さん、もし留学したら、ゲストとして体験談を話しに来てくださいね!

posted by 研究員A at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする