2017年08月19日

活泉足體養身世界−台北で手堅いマッサージを受けたい時は…

今回は珍しく王道な台湾マッサージ店に行った。行ったのは「活泉足體養身世界」(民權中心: 台北市中山區民權東路二段134號、公式サイト)。行天宮のすぐ近くにあるお店。

実はこちら、ご招待でうかがったお店。しかも
「なんでも好きなことを書いてください」
という潔いお言葉付き。これは頼もしい。気になる。ということで、いそいそと伺う。

お、おおお。なんて王道な台湾マッサージ屋さんだ。この辺、似たようなマッサージ屋さんが並んでいるから、こんなことでもないと敢えて入らないかも…。

20170818b.jpg

なんて失礼なことを考えながら、入ってみてちょっとびっくり。平日午後1時なのに、中は足裏マッサージをする人でいっぱい。それも大部分が台湾人のお客さん。しかも女性。

【見えてないけど画面右手にお客さんがずらっといる】
20170818c.jpg

経験的に、地元女性がいっぱいいるマッサージ屋さんは「当たり」の確率が高い。期待しながら3階の個室へと向かう。今日、研究員Aが受けるのはリンパマッサージ。お店の一番のお勧め、ということらしい。洋服を脱がなければいけないので、警戒心の高い研究員Aが普段はお願いしないメニュー。せっかくなので冒険してみた。

で、実際のマッサージ。リンパマッサージはあまり受けたことがないので他と比べることができないのだけれど、かなり良かった! 要所要所で激しく痛く、「ぎゃあぁ」となる。でも、痛みの元が適切に処理されている感じなので、「が、がんばろう」という気持ちになる。実際、終わった後に痛みはまったく残らず、残るのは爽快感とリラックス感のみ。これが下手なところだと、痛みとか緊張が残ってかえって疲れちゃったりするのだ。施術中の痛みが後にひかないというのは上手なマッサージ屋の証。

もう一つ、マッサージの最中に感銘を受けたのはマッサージをしてくれる人の距離感。
「台湾はよく来るの?」
「台湾のどこがそんなにいいの?」
とか話しかけてきてくれるものの、こちらがリラックスして話せる程度以上には踏み込んでこない。
「仕事は何をしているの?」
という質問に答えても
「そうなんだ〜」
でおしまい。年収やら待遇やら根掘り葉掘り聞かれたることも多い中で、このくらいの距離感を保つ絶妙さに逆にびっくり。

そんなこんなで、段々と気持ちもほぐれ体も緩んだところで、マッサージ終了。着替え終わると白湯を持ってきてくれて、ふわあとリラックス。
「我的身體完全不一樣〜。(体が別物になったみたい〜)」
と施術してくれたお姉さんに言うと、にこっと笑ってVサインをした。なんてキュート。また心がほぐれる。

着替え終わって外に出ようとしたら、隣で研究員Bがマッサージ中。

20170818a.jpg

うむ。気持ちよさそうだ。

一階に降りるとオーナーのケビンさん(日本人)がいらしたので、研究員Bを待ちながらお話をする。ちらっとご挨拶を、ぐらいに思っていたのにお話が面白くて長話。

お話をしながら感じたのは、このお店は「人を大切にし、きちんとした技術をみんなに届ける」というポリシーで運営されているのだなあということ。

例えばマッサージの最中、施術してくれたお姉さんが
「この店で働いて16年になる」
と言うのを聞いて驚愕した。台湾は転職するのが一般的。みんなどんどん転職する。マッサージ店であれば、それはなおさらのこと。びっくりしたのでそのことについて、ケビンさんに聞いてみたら、
「うちのスタッフの3分の1は10年以上ここで働いてますよ」
とすました顔で仰る。技術を持ったスタッフにはそれ相応の対価を支払う。そしてその技術をお客さんに提供し、報酬を得る。誰かを犠牲にしたり、裏切ったりせずに、きちんと誠実に利潤を回していく。それがお店を育てる。そんな経営方針が言葉の間から垣間見えて、へええと感服。ケビンさん、遊び人ぽく見えるけどすごい人だ。(←失礼)。

他にも、ケビンさんのこだわりは当たり前だけど納得することばかり。スタッフは施術中にスマホを見ない。お客にむやみやたらに話しかけない。女性のお客さんには女性のマッサージ師を、男性のお客さんには男性のマッサージ師を割り振る。個室で施術の時は(特に服を脱ぐリンパマッサージの時は)、カーテンで仕切っていても同性のお客さんしか同じ部屋にしない。などなど。

もちろん、人によって、店の混雑状況によって、ルールを変えなければいけないことはある。それでも、こういった「当たり前」を徹底する努力をこつこつ続けているところが、このお店を人気店にしているんだなあとしみじみと思ったりした。

ちなみに、宿舎に戻ってからお店のことをSNSにポストしたところ、驚くほどコメントがたくさん。そのほとんどが
「私も行ってます!」
「このお店、大好きです!」
というお言葉。こんな有名店で人気もあるなら、わざわざうちにお声がけいただかなくてもいいんじゃないのかな、と思ったりもする。だけど、ケビンさんは言ってた。
「本物の台湾のマッサージを、もっともっとたくさんの人に知ってほしいんですよ。その辺で適当なマッサージを受けて、こんなもんかと思って欲しくない」
なるほどね。

【マッサージ店ではなく伝統医療のお店として認可を受けているのがお店の誇り】
20170818d.jpg

そんなわけで、せっかく台湾に行ったなら台湾マッサージを。そして、せっかく台湾マッサージを受けるなら本物を。ということで、活泉足體養身世界は覚えておいて損はないお店。オーナーのケビンさんや受付の方に日本語が通じるので、そのあたりも安心できます。

【研究員Bのコメント】
Bが受けたのは、足裏マッサージ(+温湿布と足湯)40分と、全身指圧マッサージ60分。どちらも特段変わったことをするわけではなく、オーソドックスなマッサージ。マッサージを受けて感じる痛みって、特に台湾で受けるときは、「体のどこかの不調ゆえに痛い」のと、「無理にぐいっと押すから痛い」のが区別がつかなくなることが店によってはあるような気がする。だけどこの店のマッサージは、確かにぐいっと押し込まれるし、痛いところはもちろん痛いけど、ちゃんと体の不調を確かめていくようなマッサージ。痛い時があってもそれは納得ができ、実際終わるとすっきりする。
こういう堅実なマッサージ店って、意外に台湾には多くないような気がするのですが、いかがでしょう。きっちりやってもらって、ちゃんとすっきりする。その確かさ・手堅さが印象的でした。好評なのも納得でした。


★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、各3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


【旅行:遊の最新記事】


posted by 研究員A at 00:27 | Comment(0) | 旅行:遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

振り返り「台湾サマースクール」−所長(10歳)と中国語

台湾で中国語を学ぶサマースクールに参加した所長(10歳)。3週間の滞在を経て、果たして中国語はどのくらいできるようになったのか?

低学年の入門クラスだった去年は
「なんとなくできるようになったなあ」
という感じ。単語量が増えた。単語しか言えなかったのが、簡単な文章を話すようになった。以前よりも聞き取りができるようになった。このくらい。大分、進歩したけどまだまだ使い物にはならないね、という感じ。

ただ、その後日本に戻っていつもの中国語教室に行ったら
「すごくできるようになったね!」
といろんな先生に褒められた。これで、所長の自信がアップ。めでたく上のレベルに進級させてもらえたこともあって、以前よりまじめに中国語を勉強するようになった。

そして、日本での1年間の努力が実ったのか、今年のサマースクールの実力テストでは大分成績が上がった。おかげで、去年の入門クラスより一つレベルがあって初級クラスへ。しかも低学年クラスで「お姉さん」として振舞っていた去年と違い、今年は高学年クラスで一番の「ちびっ子」。周りに日本人は一切おらず、中国語漬け。(去年は隣のクラスに一人いたので、休み時間や放課後になると日本語を話していた)。

ハードな環境に身を置いたのが良かったのか、今年は中国語が格段に進歩した。基本的なことであれば会話が交わせるし、聞き取り能力に関しては時に研究員Aの能力を上回るほど。夕方、市場でお店の人に早口で話しかけられた研究員Aがオタオタしてると、横から所長が助け舟を出してくれる。かなり「使い物になる」レベル。少なくとも、研究員Bより頼りにできる存在になったのは確か。実際、担任の先生にも
「来年は中級か上級クラスでもやっていけると思います」
と言われた。

【ある日の教室。のぞくといつも所長は手をあげている】
20170817b.jpg


もちろん、語彙は足りないし、文法的な理解はまだまだ。習った範囲の中だけでいろいろと組み合わせて表現できるようになったものの、「習った範囲」が狭いので限界がある。特に、文法という概念がまだぴんときていないようで、そこの規則性が徹底できない。文法で点数をつけられ続けてきた大人からすると、「だ、大丈夫かな?」と不安になる。

でも、所長の場合、中国語は生活上の必要性があって勉強しているわけではない。親戚と話すため、いつか中国や台湾に帰ってきた時に困らないため、というクラスメートとはちょっと状況が違う。だからまあ、文法が多少おかしくても、今のところはいいと思っている。台湾を旅行している時や日本で中国語を話す時に最低限のコミュニケーションさえ取れれば、今の所長は十分。そしてその目標は、今回十分にクリアできた。

【所長の使っていた教科書。左ページが繁体字、右ページが簡体字。自分の選択した方で勉強できる】
20170817a.jpg

もう一つ良かったと思うのは、
「中国語でお友達とコミュニケーションをとる」
という経験を所長が楽しめたこと。本当だったら意思疎通が難しい韓国、オランダ、香港、アメリカ、カナダから来た14人のお友達。そのみんなと知り合えて、冗談を言って笑いあったり、一緒にゲームをしたり。それはとても特別な体験だったらしく、本当に楽しかったと所長は何度も言っている。

所長がいつまで中国語を学び続けるかは分からない。でも、
「外国語を学ぶことで、こんな楽しい思いができる!」
という記憶はずっとどこかに残るんじゃないかと思っている。そして、それは所長が自分で何かを学ぼうと決めた時、きっと後ろ盾になってくれるはず。そう勝手に期待しているのだけれど。

しかしまあ、この境地に達するまで3年。1回目のサマースクールに参加するまで実は色々と日本で試行錯誤したりもしたのだけれど、その辺は長くなるのでイベントの時にでも話します。興味のある方は、こちら↓ をご覧くださいねー。


★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、各3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 22:52 | Comment(2) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

台北・松山空港でチェックインまで2時間あったら何をするか?

今日は台北滞在最終日のお話。宿舎をチェックアウトして松山空港まで行き、ロッカーに荷物を預けたところでチェックインまで2時間。その時間を使って、どんなことができるか? の一例をご紹介。ベストなプランでもなんでもないけど、行き当たりばったりでもこのくらいのことはできるよー、という事例の実録とお考え下さい。

で、話を戻して台北最終日の我々。宿舎を12時にチェックアウトして、ホテルまで空港に行って、ロッカー探して入れたところで12時半くらい。

「フライトは16時だから、2時間くらいは何かできるねー」
「どうしようか〜」
「ジャム買いたいかも」
「じゃあ、百果園行く?ここからなら行きやすいんじゃない?」

旅のプランに関して、実はけっこういい加減なおきらく研。こんな感じで行き当たりばったりなことがわりに多い。

そこから検索して路線バスに乗り、陳記百果園(台北市敦化南路一段100巷7弄2號)へ。今更説明するまでもない有名店。

メニューにも、商品にも日本語表記あり。いるお客さんも半分以上が日本人。これなら中国語ができない人でも安心して来れそう。

20170816a.jpg

ここでは果物大好きな研究員Bが果物の盛り合わせ(水果百匯200元)を注文。

20170816b.jpg

上品な盛り付けで、市内の相場からするとちょっとお高めな感じ。ただ、ここは確実にトップクオリティの物を出してくれるので、絶対に外れることがない。あと2時間後に台湾を離れるという切なさを、「悔いなし!」に塗りかえてくれる美味しさ。大変満足。

その後、自分たち用とか人様用のお土産ジャムを購入。「外れなし」という安心感は鉄板土産の最後の砦としてもありがたい。

で、この辺で13時20分くらい。
「お昼どうする?」
「食べないのも寂しいよねえ」
ということで検索すると、近くに眷村料理の陸光小館(台北市市民大道四段103號)と村子口(台北市八コ路3段12巷52弄34號)があることが分かる。「陸光小館」は前から気になっていたので行きたかったけど月曜定休みたい。じゃあ「村子口」に行ってみよう。てくてく歩いてお店へ。徒歩5分くらい?

20170816c.jpg

13時半だけど、まだお客さんはそれなりにいてご飯を食べてる。我々が注文したのは、紅燒牛肉麵と炸醬麵。あと滷味。

20170816d.jpg

麵は「台北一!」とかそういう感じではないけど、日常ご飯としては十分満足できるじんわりした美味しさ。牛肉麵のスープがしつこくなくて美味しかった。ここで印象的だったのは、むしろ滷味。

20170816e.jpg

モツ系が味がしっかり染みて柔らかく、すっごく美味しかった。滷味はテーブルの上にどかんと積まれている中から好きなものを選び、お店の人に渡して切ってもらう、という形式。それも楽しい。

さくりと食べ終わって14時前。
「明日の朝に食べるパン買いたいねー」
「どこかある?」
検索して、一番近そうだからと行ってみたのが麥田法式烘焙(台北市松山區八コ路三段12巷51弄27號)。ここは歩いて3分とかそのくらい。

これが入ってみてびっくり。パンがすべてガラスケースに陳列されていて、ブティックみたいな雰囲気。置いてあるパンも、なんか「一味違う」感じのオーラをばりばり放っている。後で調べたら、フランス直輸入の小麦粉や天然酵母を使ったこだわりパン屋だった。

20170816f.jpg

実際、日本に帰国してから食べたパンは、小麦粉そのものの味、酵母の風味、具材の滋味がすべて主張してくるパワフルなパンだった。日本の天然酵母パンだともう少しジェントルな仕上がりになるんだけど、この「攻めてくる」感じが新しい。

ちなみに、そういう本格派のパンなので、ものすごく重い。商品の袋を渡されて「えっ」と動揺したほどの重さ。食べたらおにぎりのようにお腹にたまる。いろんな意味ですごい。季節が変わったら風味も変わりそうだから、また食べたいな。

この後は、タクシー拾って松山空港に戻る。ロッカーで荷物を出して、買ったジャムをスーツケースに詰めなおして、チェックインしたのがちょうど14時半過ぎ。

2時間あれば、行き当たりばったりでもGoogle頼みでこのくらいできる、ということの実例。きちっと決めておけば、もうちょっと何かできるかも。でもまあ、ご参考までということで。


★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 22:49 | Comment(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

台湾親子留学2017 23日目―台湾滞在の最終日

3週間強の台湾滞在も今日でおしまい。
「寂しいよ〜」
と朝から騒ぐ研究員Aを横目に淡々としている所長(10歳)。それでも、
「また、サマースクールに来たい?」
と聞いた時だけ、ふっと真面目な顔をして
「絶対来る」
と言った。こちらがたじろぐくらい断固とした口調。ああ、そうか。目指すべき「次」があるから、所長はじたばたしないんだ。

実のところ、来年、所長はサマースクールには参加できそうにない。そのかわり中学生になったら、一人でサマースクールに参加できるといいね、というのが、ぼんやりとした今の夢。

所長の通ったサマースクールの対象年齢は13歳まで。そして12歳以上であれば、子どもだけの集団宿泊に申し込みができる。ホテルの4人部屋に泊まり、毎日、お世話係と登下校。放課後や休みの日は、みんなでアクティビティといったプチ留学のようなプログラム。

「日本人がいるなら行きたいな」
という弱気な発言をしているものの、興味を示している所長。本当にその時まで今の気持ちが続くかは分からないけれど、目指すべき目標があるというのは悪くない。所長にそんな素敵な目標を与えてくれたサマースクールに、改めて感謝を感じずにはいられない。

【「サマースクールの感想を身体で表現して」という要望に応える所長。「友」という字を表したそうです。】

20170814b.jpg

一方で、研究員A。今年は学校に行かず、たくさん自分のやりたいことをやった。すごく充実していたし、楽しかった。だけど実のところ、所長と一緒の時間は去年よりもずっとずっと大変で、色々と考えてばかりだった。

もう思春期の入り口に立つ所長。「自分のこだわり」「自分のやりたいこと」「自分のプライド」が時に暴走するのを止められない。こちらに配慮ができず、ぶつかっても「自分」を貫き通すことだけに全力を使う。この怪物にどうしたら言葉が通じるのかしら? と思ったこともしばしば。

でもたぶん、所長は一人で歩きだそうとしているのだと思う。ほんとは甘えん坊で研究員Aが大好きな所長。小さな手をつないで、いろんな所へ連れて行った。でも今、所長は私の手を振り払って、自分の行きたいところに行こうとしている。その手にしがみつくのではなくて、背中を押してやれるようにならなくては。そんなことを思わせられた滞在だった。

20170814a.jpg

台湾にこんな風に滞在する機会は、研究員Aには多分もうないだろう。所長との蜜月ももう帰ってこないのだろう。色んな事が終わっていく。それはとても切ない。

でも台湾でこんな素敵な経験をしたのだから、こんな特別な時間を過ごしたのだから、未来にはもっとすばらしいことが起こるはず。だから前を向いていこう。

次に訪れた時、台湾はどんな風景を見せてくれるかな。そんなことが今は楽しみ。長らくお付き合いいただいた皆様にも感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。

★お知らせ★
9月2日(土)に東京ウィメンズプラザで、おきらく研のイベント「台湾「親子留学」報告会」を開催します。詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 00:00 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

台湾子留学2017 22日目―お休みの一日をもう一度

所長(10歳)のサマースクールもおとといですべて終了し、帰国前に少しだけ完全にオフの時間を台北で過ごしています。昨日に続き、今日もお休みの一日でした。

あ、昨日に続いて研究員Aの要望で、今回も研究員Bが執筆を担当します。よろしくです。

さて今朝の朝食は、トーストサンド激戦地・公館で、Aと所長があちこち食べ比べた結果「第2位」と(勝手に)認定した、「吃吐吧」(台北市中正區羅斯福路四段138-1號)で買ったもの。ここはチーズトーストでサンドするのですが、今回買ったのは照り焼きチキン・メキシカンビーフ・そしてリンゴのコンポートのチーズトーストサンド。不思議な組み合わせのように思う人もいるかもしれませんが、これがなかなかいいんです! 意外に重くなく、ぺろりと食べてしまいました。

20170813g.jpg

店の前面にある窯で焼いたチーズトーストは絶妙な焼き上がりで、具もちゃんとおいしい。リンゴのコンポートなんか、リンゴがこの厚みです!

20170813h.jpg

公館エリアは中式の朝食があまり強くないけど、その分いろいろ新しい朝食のお店が活発な印象があります。トーストサンドの激戦区になったのもその一例で、地域の個性が出ていて面白いです。

その後は、前日に続きやはりお休みモードでみな動きが悪く、帰国を前に宿舎で荷造りや片付けなどをしているうちに、また昼過ぎになってしまう。出遅れて今日向かったのは、台北駅です。

実は台北駅は、以前から日曜には多くの人が集まっていると聞いていたので、その様子を実際に見てみたいというBの希望で訪れました。誰が集まっているのかというと……東南アジア各国から台湾にやってきて働いている、外国人労働者の人たちです。

台北駅の建物の中央にある、あの広いホールがこんな風景になっていました。

20170813j.jpg

みんなで集まって、あれこれ食べたり談笑したり、という輪が台北駅のホール中に広がっていました。別にこれはイベントとかではなく、みなさんなんとなく集まっているだけで、適当に抜けたり、途中からやってきたり。くつろいで他の人の膝で眠る人もいれば、特別な衣装で着飾って写真を撮ることに興じる人も。親子連れもいました。みんな、休日らしくリラックスした表情で、楽しそうでした。

実はホール以外にも、駅の建物周辺のあちこちで、外国人労働者の若者たちが集って過ごしていました。それぞれ平日は苦労もいろいろあるのだろうなあと思いつつ、台湾で少しでもいい時間を過ごしてくれればと思わずにはいられませんでした。それと同時に、研究員AがSNSで書いたように、「彼らを追い出さず公共スペースを解放し続ける社会の度量に、色々と考えさせられる」のも確かでした。

あと、台北駅の東側、東3門を出て少し歩いたところに北平西路という短い通りがあるのですが、そこはインドネシア人街になっています。先日、平日に訪れたときはあまり店も開いてなくて人もいなかったのですが、日曜だと屋台がいっぱい出ていて、夜市のような盛り上がり。みんなあれこれ食べていて、こちらも大変楽しそうな様子でした。携帯電話や電化製品の店、ヘアカットの店なども。先日訪れた台北駅地下街のY26〜28あたりとともに、台北でインドネシアの雰囲気が感じられる場所でした。

20170813i.jpg

その後はちょこちょこと買い物をしたりして、いろいろ荷物を抱えて夕方に宿舎に戻り一服。今回の台湾滞在最後となる夕食は、Aの希望で火鍋を食べることに。訪れたのは、宿舎からほど近い「石頭公石頭火鍋」(台北市中正區汀州路三段92號)。所長を含め3人でしたが、2人のセット(580元+サービス料)を頼んでみました。

おいしかったです! 特に店オリジナルの沙茶醤がおいしく、それをベースに自分でつくったタレでがつがつ食べてしまいました。

20170813k.JPG

この店は食べ放題ではなく、また無料のドリンクバーはあるけどデザート関係はなし。それだけ聞くと物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、でも中年夫婦と小学生の3人で、2人のセットを食べるのでも量は十分でした。また、決して台湾の火鍋の最高峰を競うレベルの店ではないけど、近所にあったらうれしいローカル人気店らしく、十分においしく、満足できました。アメコミのキャラクターが壁から飛び出ていて(!)びっくりしますが、店内にごちゃごちゃした感じがないのもよかった。

あ、今日も所長は、「宿舎でジャニーズをYoutubeで満喫」という至福の時間があったので、その点は満足そうでした(笑)。夕食の後には、所長が愛する「光南大批發」(台北公館店:台北市中正區羅斯福路四段114號)で、日本の友達へのおみやげのお菓子を楽しく選んで購入。帰り道、長い滞在がいよいよ終わりつつあることをかみしめつつ、お世話になった市場やお店を通るたびに、三人で口々にお店に向けて「バイバイ、おいしかったよ〜」などと言ったりしながら宿舎に帰りました。ありがとう、公館!

さてさて、いよいよ明日は本当に最後の日です。時間は限られていますが、少しでも何かができるといいのですが。



posted by 研究員B at 02:19 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする