2018年07月12日

屏東北部/客家文化の旅 by keikoさん Day2

「素敵すぎる屏東」を旅するメディアツアーに、おきらく研の特派員として送り込まれたkeikoさん。今日は二日目のレポをお送りします。私が旅した屏東(「素敵すぎる屏東 Day1」・「Day2」・「Day3」)とはまたぜんっぜん違っていて、屏東の奥深さにびっくりです。では、お楽しみください〜。

* * *

1日目の復習。
里港文富餛飩豬腳にて水煮の豚足を食べた後里港老街をぶらぶら。
六堆客家文化園區にて客家の予習をして、
五溝水聚落導覽にて美しい川と客家文化を堪能。
夜は海鴻豬腳で醤油煮込みの豚足をたらふく食べた後、
長い長い道を登って、山の上にある観星咖啡荘園民宿にて就寝しました。

2日目はさらに客家文化について学ぶ1日。
まるで大人の修学旅行のようです。初めて見聞きする台湾客家の文化にどっぷりと浸ります。

【泰武觀星咖啡莊園】
朝です。昨晩は真っ暗でわからなかったのですが、 なんとこんなに素晴らしい風景のなかにいました!

2_01.jpg

空気もきれいで清々しいです。

ロビーには原住民アートが飾られています。
それもそのはず。ここ泰武郷は原住民パイワン族が住む村でもあるんですよ。

2_03.jpg

朝ごはんに、入れたてのコーヒーもいただきました。
酸味と果実のような風味がする、とても香りがいいコーヒーです。

2_04.jpg

泰武觀星咖啡莊園Facebook
[住所]屏東縣泰武鄉武潭村老潭巷45之1號
[電話]08 783 3603
[価格] 4人部屋一泊2000元。朝食込み。ただしコーヒーは別料金。
[予約] Facebookはあまり活用していないため、電話でお願いしますとのこと。
[行き方]レンタカー、またはタクシーなどをチャーターして行くことがオススメ。屏東駅からは車で1時間弱。

車でぐるぐると山を下り、今日の目的地へ向かいます。


【竹田驛園】
2日目屏東の旅、1箇所目は竹田驛園という公園からスタート。
この場所では、現地ガイドさんによる解説で、ここ竹田驛園の歴史と、その近くを流れる川「龍頸溪」に沿ってできた客家文化を学ぶことになりました。

2_05.jpg

日本統治時代に竹田駅という駅があった場所は、現在では「竹田驛園」という公園になっています。私たちが訪れた時も、多くの観光客が集まっていました。

2_06.jpg

日本統治時代に作られた駅舎が残されています。
現在の屏東線竹田車站は、すぐ裏にありますよ。


【池上一郎博士文庫】
まずは池上一郎博士文庫を見学。
ここは、日本統治時代に竹田に赴任していた軍医の池上一郎が、戦後に寄贈した日本語の本をもとに作られた文庫です。日本語書籍のみ取り扱っているため、今でも日本語世代の方が中心に利用しているとのこと。

2_08.jpg

2_09.jpg

池上一郎博士文庫Facebook
[住所]屏東縣竹田鄉履豐村豐明路27之1號
[電話]08 771 1647
[営業時間]8:30〜11:30、14:00〜16:30(土日8:30〜11:30)
 ※祝日及び月曜休館
 ※7〜8月の夏季期間は午前中のみ開館
[行き方] 台湾鉄道屏東線竹田駅からすぐ

竹田はかつてたくさんの物資が運ばれてくる場所で、客家語で「頓物」とも呼ばれていました。「大和頓物所」というコーヒーショップもあります。

2_11.jpg

2_10.jpg

大和頓物所Facebook
[住所]屏東縣竹田鄉豐明路26號
[電話]08 771 2822
[営業時間]9:30〜18:30
[行き方]台湾鉄道屏東線竹田駅からすぐ

ちなみに、竹田驛園では自転車の貸し出しがあるようです。料金は1日120元。竹田驛園の旧駅舎に入ってすぐのところにある、お土産やコーヒーが売っている窓口で申し込めるそうです。


竹田驛園を見学したあとは、ガイドさんの車で近くの客家の村へ移動。
この地域では、元々住んでいた原住民と移住してきた客家人の抗争が絶えなかったため、祀られている神様は、戦いの神「三太子」が多いのだとか。

【伯公小吃店】
印象に残った1つ目の場所が「伯公小吃店」。なんと、廟のなかでご飯が食べられるお店! 客家文化では、土地の神様は人間と身近な存在で「伯公(おじさん)」と呼ばれています。伯公と一緒にご飯を食べる感覚ですね。残念ながらツアー中は食べられず。泣

2_12.jpg

伯公小吃店
[住所]屏東縣竹田鄉中正路23號
[電話]08 771 1587
[価格]鹹湯圓1粒12元から、粄條大50元など
[行き方] 台湾鉄道屏東線竹田駅から徒歩11分

【二崙庄開基伯公】
もう1つはこの「二崙庄開基伯公」。
二崙庄開基伯公は、客家文化を感じさせるこの地域の廟です。
客家人がこの土地に来て開拓を始めた頃。はじめはこの石を伯公として祀っていました。

2_13.jpg

開拓が進み、お金ができると徐々に大きくして、最後にこの大きな廟をたてたとのこと。

2_14.jpg

「前有水後有山」という風水の考え方をふまえて作られた廟だそうです。

この場所、住所がありません! 場所はバナナ畑の隣。
下記、ガイドしてくださった葉さんがまとめたFacebookページに場所が載っています。

【昌黎祠】
最後に行った場所は「昌黎祠」。学業の神様がまつられており、かつては児童たちに儒学を教える学堂として使われていたとのこと。今は様々な場所から試験の合格を願う人達がお参りにくる有名な廟だそうです。

2_20.jpg

2_21.jpg

昌黎祠
[住所]屏東縣內埔鄉內埔村廣濟路164號
[電話]08 771 1587
[見学]毎日可能
[その他]屏東県ウェブページ(日本語の解説)
[行き方] 台湾鉄道屏東線竹田駅から車で10分ちょっと。

今回、竹田驛園から昌黎祠までをガイドしてくださったのは葉正洋さん。ガイドをお願いする場合は、葉さんの運営している下記の会社にお問い合わせください。

六堆文化觀光旅遊服務中心Facebook
[価格]1コース1人250元、ただし状況によって変動あり。
[予約]Facebookにて受付。中国語のみ対応可。
[その他]予約の際に希望すれば、日本語・英語のガイドも対応可。


【阿蘭田螺店】
たくさんの客家の廟を回ったあとはお昼ご飯。
なんと、田螺(タニシ)を食べることに!
この辺ではポピュラーな食べ物なんだそうです。
お店は大通り沿いにあったのですが、パッと見ただけでは気がつかないくらい、ひっそりとした店構えでした。

2_22.jpg

山盛りの田螺、地元の人たちは楊枝をつかわず、器用に吸いだして食べていました。
しょっぱくてチマチマと食べるこの感じ…酒飲みの食べ物ですね!笑

2_23.jpg

2_26.jpg

2_25.jpg

客家の味付けはしょっぱいのでご飯がどんどん進んじゃいます。

2_24.jpg

2_27.jpg

阿蘭田螺店
[住所]屏東縣佳冬鄉佳和路92號
[電話]08 866 6362
[営業時間]9:00〜14:00
[価格]今回は一人当たり200元前後
[行き方] 台湾鉄道屏東線佳冬駅から徒歩4分


【六根村】
屏東客家の旅。いよいよ最後のエリアに到着です。
ここ佳冬郷の六根村をガイドしてくださったのは、客家文化の研究者でもある楊老師。
このエリアは、とても小さな地域に客家の家々がぎゅっと密集している場所で「古蹟の郷」とも呼ばれているそうです。

【楊氏宗祠】
ここからガイドがスタートしました。道路を作るために取り壊される予定でしたが、専門家や住民の努力で守られた場所。国に認定されている古蹟でもあります。

2_28.jpg

台湾でここにしかない「太極兩儀池」。

2_29.jpg2_31.jpg

数年前に修復が終わったばかりのため、建物の色彩も美しいです。

楊氏宗祠
[住所]屏東縣佳冬鄉冬根路19之30號
[行き方]台湾鉄道屏東線佳冬駅から徒歩10分

楊老師について行って、徒歩で村の中に入っていきます。
小さな村の中には、客家語で書かれた詩やイラストがたくさん。フォトスポットばかりです。

2_32.jpg

2_33.jpg

2_34.jpg

1910年頃、当時この村で唯一の2階建だった百貨店、張家商樓。
この中は客家に関する資料館にもなっています。

2_35.jpg

張家商樓
[住所]屏東縣佳冬鄉六根村西邊路1號
[営業時間]毎日9:00〜17:30(12:00〜14:00は昼休み)

他の建物の中では、実際にこの村に住んでいる方のお話を聞きました。
これは、親を看病している子供が使うベッドだったそうです。

2_37.jpg

2_38.jpg

この建物を作るときに使われた「タイワンレンガ」。日本統治時代のものです。

2_40.jpg

日本語を話してくれた、素敵なおばあちゃんもいました。

2_42.jpg

ガイドをしてくれた楊老師。本当に情熱的な方でした!

2_43.jpg

六根村の見学
[営業時間]毎日可能。ガイドは要予約。
[価格]ガイド1回1600元
[その他]ガイドの予約は張家商樓活化駐地工作站のFacebookのメッセージから可能(問い合わせは中国語のみ)。

お別れする時に、暑さでくたびれた私たちを気遣って、楊老師が古早味(懐かしの味)の紅茶をご馳走してくれました。

【清香冰果室】
このお店、実は50年以上の老舗。

2_44.jpg

メニューを見てみると、おいしそうなものがたくさん!
「四果冰」が看板メニューのようです。

2_45.jpg

紅茶はキンキンに冷えていて、疲れた体に沁み渡りました。

清香冰果室Facebook
[住所]屏東縣佳冬鄉六根村佳和路102號
[電話]08 866 1935
[営業時間]7:00〜20:00
[行き方] 台湾鉄道屏東線佳冬駅から徒歩3分


屏東客家の旅は、これにて終了。

2日間で出会ったのは、今まで知らないことばかりだった台湾客家の文化。
客家といえば花布と客家料理のイメージしかなかった私。
ですが、実はとても奥深くて、さらにその文化を守ろうと奮闘している方たちがいることを知りました。

ガイドさん達の説明を聞き逃すまいと、必死に話を聞き、こんなにも頭使った台湾の旅も初めてでした。

たくさんの歴史と人に出会える屏東。
また今度、プライベートでゆっくりと行ってみたいと思っています。

* * *

追伸。
最後に、今回の旅で教えていただいた、車のチャーターや民宿の情報を。

まず、車のチャーターの会社その1。今回の全体のツアーを担当したガイドさんがオススメしてくれたのは、こちらの会社。
【屏東客運】公式サイト
前回、おきらく台湾研究所・研究員Aさんの屏東ツアーの際に利用した会社です。
最小の車が9人乗りだそうなので、友人や家族での旅行にぴったりですね。
車のチャーター、価格は8時間5500〜6000元。英語、日本語対応。高雄、屏東地区が対象です。

車のチャーターの会社その2はこちら。
【my taiwan tour】公式サイト
外国人による台湾旅行を専門に扱っている会社。昨年台北で行われた世大運(夏季ユニバーシアード)で、外国人の接待等を担当した会社だそうです。チャーターだけでなく、様々なツアーも取り扱っています。

次に民宿。佳冬を案内してくれた楊老師推薦の民宿です。海の近くにあります。
【佳南漁場】公式サイト
[住所]屏東縣佳冬鄉ョ家村十全路145號
[電話]0977-475797 または 0932-756800
[価格]一棟貸切:休日12000元、二人部屋:休日2980元など
[行き方]台湾鉄道屏東線佳冬駅から徒歩16分


【旅行:その他の最新記事】


posted by 研究員A at 23:09 | Comment(0) | 旅行:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

屏東北部/客家文化の旅 by keikoさん Day1

「素敵すぎる屏東」ふたたびっ!

嬉しいことに、屏東をめぐるメディアツアーの話がまたおきらく研に舞い込みました(ちなみに、今年2月にAが行った屏東メディアツアーについてはこちら:「素敵すぎる屏東 Day1」「Day2」「Day3」)。
行きたい…。だけど、研究員Aも研究員Bも本業が忙しすぎて行けない…。

そこで、今回はいつもおきらく研主催イベントでお世話になっているkeikoさんを「特派員」としてスカウト。研究員Aに代わって屏東を旅してレポを書いてもらいました。前回とは違う今回の旅。どんなものだったのでしょう? keikoさんの大冒険、始まり始まり〜。
* * *

こんにちは。初めまして。keikoと申します。
この度、おきらく台湾研究所さんの「特派員」として屏東のメディアツアーに参加してまいりました。

ツアーのテーマは「屏東北部/客家文化の旅」です。
1泊2日の短い期間でしたが、屏東の客家文化をぎゅっと濃縮して体験することができ、数多くの客家の文化に触れる旅となりました。

さて、屏東は台湾最南端の地区です。日差しも暑さも他の地域とは全然違います。
今回訪れたのは、6月も終わりにさしかかった時期。台湾はすでに真夏だったため、旅に行く際にツアー会社や屏東経験者の方に注意されたこと、それは「日焼け対策」です。
・必ず長袖の羽織るものを持ってくること
・日焼け止めは塗り忘れの部分がないようにすること(足の甲など)
・帽子を持っていくこと
屏東の夏の太陽はとっても強力です!
とにかく日焼け対策はしっかりしてから行ってくださいね。

* * *

今回、メディアツアーでは台北から屏東まで車で向かいました。旅行などで屏東に行く場合は下記が一般的です。

《台北から電車で行く場合》
台北から新幹線で左營駅まで向かい、台湾鉄道新左營駅に乗り換えて台湾鉄道で屏東駅へ。新左營駅から屏東駅は所要時間40分ほど。
※左營駅から屏東駅へタクシーを使う場合は、40分前後で到着します。

今回のツアー1か所目は、こちらでお昼ご飯です。

【文富餛飩豬腳】
お昼ご飯のお店は、里港老街という場所にある「文富餛飩豬腳」でした。

1_04.jpg

このお店は里港老街の代表的なお店。豬腳(豚足)とワンタンが名物です。

1_02.jpg

台湾の豚足は醤油煮と水煮の2種の食べ方があり、ここは水煮の豚足を出しています。
臭みは全くなく、とっても新鮮でおいしい豚足です。
味付けされていないので、ニンニクがたっぷり効いた特製タレをつけていただきます。

初めて食べた水煮の豚足はさっぱりしていて箸が止まりません〜!!
タレが濃いのでご飯にも合います。

1_03.jpg

もう一つ有名なワンタン、私は汁なしをチョイス。
こちらは薄い皮に包まれ、チュルンとした食感がいいです。
次回はぜひスープに入っている方も食べてみたい!
ここのワンタンは通販やコストコなどでも人気の商品のようですよ。

文富餛飩豬腳
[住所]屏東縣里港鄉永樂路8號
[電話]08 775 8833
[営業時間] 8:00〜21:00
[価格] 今回は1人あたり150元前後
[その他]メニューは中国語のみ
[行き方]
《バス》屏東駅の北側にあるバスターミナル「屏東客運屏東站」から乗車し、里港站下車(屏東駅から約30分)。里港站からお店までは徒歩5分。
《タクシー》屏東駅から20〜30分ほど


【里港老麵店】
ご飯を食べたあと、里港老街を散策中に見つけたのは、創業1951年の老舗「里港老麵店」。先ほどの豚足屋さんの近くにあります。素敵な老闆娘がお店の名物をオススメしてくれました。

1_06.jpg

「碧姬菜捲」は真ん中にひき肉が入っていて周りはキャベツなどの野菜。
揚げ物なのに軽くて何個でも食べられそう!!

1_07.jpg

地瓜粉とお肉を腸詰にした「里港粉腸」という見たことがないものも。
ほんのり甘く、QQで美味しかったです。

里港老麵店 (Facebook
[住所] 屏東縣里港郷永樂路7號
[電話] 08 775 6020
[営業時間] 7:00〜15:00(水曜休み)
[価格] 碧姬菜捲20元 粉腸25元 麺は乾麺、湯麺の2種。
[その他] メニューは中国語のみ

こちらをモグモグしながらたどり着いたのはこちら。


【藍家古厝】

1_09.jpg

1723年ごろに建てられた、なんと300年近くの歴史がある建物。
この周辺の土地を開拓し、様々なビジネスで財をなした藍さんの家です。

藍家古厝
[住所] 屏東縣里港鄉玉田村玉田路48號
[その他] こちらは現在も実際に使われている住居だそうです。昼間に建物の外観をみるだけなら、お庭に入ってもOKとのこと。建物の内部などはみることができませんのでご注意ください。


【六堆客家文化園區】
車で移動し、次にたどり着いたのは「六堆客家文化園區」。ここは屏東の客家文化を学ぶことができるテーマパークです。
特徴的な建物は、台湾で見かける農作業用のあの帽子。

1_10.jpg

六堆客家文化園區の六堆とは、この地域の客家人が住んでいる場所のこと。広大な敷地内には客家に関する展示の他に、畑やサイクリングロード、水遊び場などもあり、1日中楽しむことができそうです。

1_17.jpg

1_13.jpg

1_14.jpg

ちなみに六堆客家文化園區のスタッフさんたちはみんな客家人なんですよ。

1_12.jpg

私は「客家といえば花布」というイメージがあったのですが、 実際はとても質素な衣装だったようです。

1_16.jpg

このテーマパークではいくつかDIYもできるそうです。私たちは石鹸のワークショップに参加しました。石鹸はお店が空いていれば飛び込みでも体験OKとのこと。

1_19.jpg

六堆客家文化園區 (Facebook
[住所] 屏東縣內埔鄉建興村信義路588號
[電話] 08 723 0100
[営業時間] 毎週月曜日休園
  ● 一般施設:9:00〜17:00
  ● 野外施設:8:00〜20:00(夜にイベントがある場合は22:00まで)
  ● 兒童探索空間:9:00〜12:30、13:30〜17:00
[価格] 入場無料。石鹸のDIYは100元
※日本語の案内はなし。展示物のキャプションに一部日本語表記あり。
 予約すれば英語のガイドをお願いすることができます。
[行き方]
・屏東駅から屏東客運バスの8230号路線に乗車→六堆園區駅にて下車。所要時間は20分ちょっと。
・または屏東駅の統聯客運屏東站から、台灣好行のバス「508屏北觀光線」乗車→六堆園區駅にて下車。所要時間は20分ちょっと。
[その他] 高苑科技大學の応用外語系日文組の生徒さんが、日本語で六堆客家文化園區を紹介している動画がありました。行く前の予習にオススメ。 → YouTube


【五溝水聚落】
ここは五溝水聚落という客家「劉家」の集落。川に沿って街が形成されています。
この集落の美しい川と伝統的な建物を守るために活動している、青年の一人がガイドしてくださいました。

以下は、五溝水聚落の入り口に当たる場所、「劉氏宗祠」。
1_21.jpg

重々しく迫力ある建物! かつては漢詩など、中華文化を教える学校だったようです。

1_22.jpg

流れるプールのように水が流れ続ける川のことを中国語では漂漂河と言い、ここは台湾で唯一の漂漂河とのこと。

1_23.jpg

ここで初めて本物の客家文化に触れた私。
耳に入る言葉、目に入るもの、全てが初めてのものばかり。

1_24.jpg

内容を理解するのがとても難しかったけれど、目の前に広がる自然や建物から、たくさんの歴史が凝縮されていることがわかる。そんな集落でした。

五溝水聚落
[住所]屏東縣萬巒鄉五溝村
[見学]毎日可能(※但し、建物は一般住居になっている場所も多いので、中に入りたい場合はガイドをお願いした方が確実のようです)。
[ガイド]五溝水守護工作站のFacebookにメッセージを送って予約。中国語、英語可。一回2000元。
[行き方]
バス:屏東駅から屏東客運バスの8212屏東潮州武潭線に乗車。五溝水にて下車。乗車時間30分〜40分ほど。
タクシー:屏東駅から40分弱。


客家の文化に触れたあとは、お待ちかねの晩御飯!

【海鴻豬腳】
萬巒鄉の名物は豚足のため、「海鴻豬腳」の周りにもたくさんの豚足専門店がありました。どのお店も大人気で、人がいっぱいです。

1_25.jpg

昼とは違い、今度は見慣れた茶色い豚足。

1_26.jpg

客家料理はしょっぱめの味付けでご飯に合いますね。
こんな大量に頼んでいるけど、食べきれるの…?という心配はよそに、あっという間にたいらげました。

1_27.jpg

特に好きだったのはこの「黄金豆腐」。上に乗っているのは炒り卵ではなく、茹でたアヒルの卵の黄身を裏ごししたような、クリーミーなものがかかっています。ちょっとしょっぱめの卵と、ふんわり揚げられたお豆腐がマッチして、ご飯のおかずにぴったりでした!

1_28.jpg

海鴻豬腳公式サイト
[住所]屏東縣萬巒鄉民和路36之2號1樓(本店(褒忠路132號)から歩いてすぐの分店)
[電話]08 781 1220
[営業時間]10:30〜19:30
[価格] 今回は一人あたり250元前後
[行き方]
屏東駅または潮州駅から屏東客運バスに乗り、萬巒で下車。先ほど紹介した五溝水からは2キロほどの距離です。
タクシーの場合は屏東駅から30分弱。

ご飯のあとは、近くで飲み物や夜食を調達!

1_29.jpg

…と、意気込んだものの、ここの街はお店が閉まる時間がとても早い! 8時にはみんな店じまい。ギリギリ空いていたドリンクスタンドとコンビニで飲み物を調達しました。


【泰武觀星咖啡莊園】
本日宿泊する場所は「観星咖啡荘園民宿」。コーヒー農園のなかにある民宿です。
向かった時間がすでに日が暮れていたため、真っ暗な道を車でグルグルと登っていきました。

部屋はとても広々としていて開放的! 静かな自然の中で、ゆっくり眠ることができました。

1_30.jpg

1_31.jpg

部屋は4つほどありますが、冷房がある部屋はそのうち日当たりのいい部屋1つだけでした。でも、山の上なので、涼しく過ごすことができましたよ。シャワーとトイレは部屋についていました。

泰武觀星咖啡莊園Facebook
[住所]屏東縣泰武鄉武潭村老潭巷45之1號
[電話]08 783 3603
[価格] 4人部屋一泊2000元。朝食込み。ただしコーヒーは別料金。
[予約] Facebookはあまり活用していないため、電話でお願いしますとのこと。
[行き方]レンタカー、またはタクシーなどをチャーターして行くことがオススメ。屏東駅からは車で1時間弱。

コーヒー農園で飲む朝のコーヒーはどんな味がするんでしょう?
朝を楽しみにしながら就寝。

二日目に続きます。

posted by 研究員A at 22:16 | Comment(0) | 旅行:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

第29屆金曲獎・結果

「第29屆金曲獎」、2018年6月23日夜に、受賞者がすべて発表されました(公式サイト)。既にネットの生中継や報道などでチェック済みの方も多いでしょうが、このエントリでは、改めて受賞者・受賞作品のリストを紹介しておきます。

なお、今回のノミネートリスト全体は、このエントリ(前半)このエントリ(後半)で紹介しているので、あわせてどうぞ。

また、過去の金曲獎については、以下のリンクをご参照:
2017年(ノミネートリスト(前)ノミネートリスト(後)結果)、
2016年(ノミネートリスト(前)ノミネートリスト(後)結果)、
2015年(ノミネートリスト結果)、
2014年(ノミネートリスト結果)、
2013年(ノミネートリスト結果)、
2012年(ノミネートリスト結果)、
2011年(ノミネートリスト結果)、
2010年(結果の一部)。


【演唱類】(ボーカル部門)

■年度專輯獎(ベストアルバム賞)
C'mon In~﹙陳奕迅﹚

総合ベストアルバム賞はイーソン!

■年度歌曲獎(ベストソング賞)
魚仔《魚仔》﹙盧廣仲﹚

盧廣仲「魚仔」が選ばれました。確かにこの1年、台湾で大きな存在感があった歌といえるかもしれません。

■最佳國語專輯獎(ベスト國語アルバム賞)
心裡學﹙徐佳瑩﹚

ララ・スー! おめでとうございます! 何度となく多くの部門でノミネートされてきた彼女、ついに大きい賞の受賞です。

■最佳台語專輯獎(ベスト台湾語アルバム賞)
卡通人物﹙茄子蛋﹚

激戦の部門でしたが、茄子蛋が受賞! ちょっとびっくりでした(すみません)。

■最佳客語專輯獎(ベスト客家語アルバム賞)

黃泥路﹙黃連U﹚

Ayugoさん受賞!

■最佳原住民語專輯獎(ベスト原住民語アルバム賞)
直美﹙CMO樂團﹚

ノミネートリストのチェック(前半)のエントリでMVを紹介した、CMO樂團が受賞。

■最佳音樂錄影帶獎(ベストミュージックビデオ賞)
身後《偷故事的人》﹙導演:羅景壬﹚:aMEI 張惠妹

工夫に満ちたMVが多数ノミネートされていた中、アーメイのMVが受賞。完成度の高い作品でした。

■最佳作曲人獎(最優秀作曲賞)
盧廣仲/魚仔《魚仔》﹙盧廣仲﹚

「魚仔」2部門目!

■最佳作詞人獎(最優秀作詞賞)
宋冬野/郭源潮《郭源潮》﹙宋冬野﹚

■最佳編曲人獎(最優秀編曲賞)
溫奕哲/閻羅王《我有我自己》﹙閻奕格﹚

■最佳專輯製作人獎(最優秀アルバムプロデューサー賞)
李宗盛/仍是異鄉人(Still An Outlander)﹙李劍青﹚

■最佳單曲製作人獎(最優秀シングルプロデューサー賞)
林生祥/有 無 (片尾曲) To Have, or Not To Have《大佛普拉斯的電影配樂》﹙林生祥﹚

■最佳國語男歌手獎(最優秀國語男性シンガー賞)
陳奕迅/C'mon In~

ここ、イーソンが受賞しました!

■最佳國語女歌手獎(最優秀國語女性シンガー賞)
徐佳瑩/心裡學

ララ2部門目!

■最佳台語男歌手獎(最優秀台湾語男性シンガー賞)
蕭煌奇/人生我敬你一杯

蕭煌奇。さすがの受賞です。
受賞はできませんでしたが、荒山亮のMVを紹介。歌詞の出し方が実にユニーク!

荒山亮「人生留聲機」


■最佳台語女歌手獎(最優秀台湾語女性シンガー賞)
張艾莉/張艾莉-艾莉,愛你

受賞したのは張艾莉。3度目のノミネートでついに受賞。

■最佳客語歌手獎(最優秀客家語シンガー賞)
秋林/大嶺腳下2

ここは秋林が受賞。

■最佳原住民語歌手獎(最優秀原住民語シンガー賞)
桑梅絹/渲染

ノミネートリストのチェック(後半)のエントリでMVを紹介した、桑梅絹が受賞。

■最佳樂團獎(最優秀バンド賞)
董事長樂團(吳永吉、林大鈞、杜文祥、郭人豪、于培武、林俊民)/祭

個人的に注目していた部門ですが、やはり強かった董事長樂團。
受賞はできませんでしたが、なかなか面白いバンドの三十萬年老虎鉗をご紹介。スタイルにこだわりを感じさせるアメリカンロックバンド、プロデュースは旺福・小民。3月の大港開唱で観たパフォーマンスも印象的でした。

三十萬年老虎鉗 Mr. Loud Who Chance 「停下來Can't Stop Blues」


■最佳演唱組合獎(最優秀ユニット賞)
頑童MJ116(周文傑;林睦淵;陳c榕)/幹大事 BIG THING

頑童MJ116が受賞! Crispy脆樂團か原子邦妮かも、と思っていましたが、見事でした。

■最佳新人獎(最優秀新人賞)
茄子蛋/卡通人物

茄子蛋が受賞! これで今回は2部門受賞。ノミネートリストチェックのエントリには書きませんでしたが、実はJ.Sheonの受賞は固いと勝手に思っていました…。というわけでJ.Sheonを1曲ご紹介。

J.Sheon 「啵啦」 Ft. 呂士軒



【演奏類】(インストゥルメンタル部門)

■最佳專輯獎(ベストインストゥルメンタルアルバム賞)
happened, happening﹙許郁瑛; Alex Sipiagin; Donny McCaslin; Boris Kozlov; Donald Edwards﹚

■最佳專輯製作人獎(最優秀インストゥルメンタルアルバムプロデューサー賞)
許郁瑛/happened, happening﹙許郁瑛; Alex Sipiagin; Donny McCaslin; Boris Kozlov; Donald Edwards﹚

■最佳作曲人獎(最優秀インストゥルメンタル作曲賞)
鍾興民/紅樹林《鍾興民作品集》﹙鋼琴 鍾興民; 小提琴獨奏 曾誠; Filmorchester Babelsberg﹚

許郁瑛が2部門、鍾興民が1部門受賞という結果でした。
許郁瑛は台湾大学卒業後にニューヨークに渡り、音楽の修士号を取得したジャズピアニスト。3作目の今作はAlex Sipiagin(trumpet, flugelhorn)、Donny McCaslin(tenor saxophone)、Boris Kozlov(bass)、Donald Edwards(drums)との5人編成でのアルバム。一度生で聴いてみたい!

許郁瑛 YuYing Hsu - Catching THE Monk



【技術類】(技術部門)

■最佳專輯包裝獎(最優秀アルバムパッケージ賞)
廖俊裕/兄弟沒夢不應該:拍謝少年

ジャケット/パッケージの賞は、廖小子こと廖俊裕が受賞! CDやブックデザインでユニークな才能を発揮している彼の作品の多彩さは、このサイトhttps://www.behance.net/godkidllaで確認できます。受賞を記念して、拍謝少年のMVを!

拍謝少年 Sorry Youth 「暗流」


■最佳演唱錄音專輯獎(最優秀ボーカルアルバム録音賞)

家III (主要錄音人員:朱敬然、林思彤、Craig Burbidge、Plamen Penchev、吳蒙惠、亂彈阿翔/主要混音人員:Craig Burbidge/主要母帶後製人員:朱敬然):羅大佑

■最佳演奏錄音專輯獎(最優秀インストゥルメンタルアルバム録音賞)
happened, happening (主要錄音人員:Mike Marciano/主要混音人員:Dave Darlington/主要母帶後製人員:Dave Darlington):許郁瑛

◎特別貢獻獎
蘇芮、郭宗韶


今年の金曲獎、いかがだったでしょうか。いろいろ思いはある方もいらっしゃると思いますが、受賞したかどうかにかかわらず、ぜひ一人ひとりが気になる音楽にめぐりあう機会になれば幸いです!


posted by 研究員B at 00:57 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

第28屆金曲獎・ノミネートリストの再チェック(後)

本日、2018年6月23日(土)は「第29屆金曲獎」の発表日です(公式サイト)。前回のエントリに引き続き、発表前の復習として、ノミネートリストの再チェックをしてみます。今回は後半、個人への賞の続きやインストゥルメンタル音楽などの諸部門です。

…と言いつつ、もうレッドカーペットが始まっています! というか終わりそう! 急ぎます!(笑)


【演唱類】(ボーカル部門)……の続き


■最佳專輯製作人獎(最優秀アルバムプロデューサー賞)
李宗盛/仍是異鄉人(Still An Outlander)﹙李劍青﹚
戴佩妮/不特別得很特別﹙劉思涵﹚
Jerald Chan/C'mon In~﹙陳奕迅﹚
林俊傑/偉大的渺小﹙林俊傑﹚

ノミネート数は多くありませんが、気になる部門です。中国出身のアーティストが2人(プロデューサーは中国出身ではない)というのも興味深いです。


■最佳單曲製作人獎(最優秀シングルプロデューサー賞)
林生祥/有 無 (片尾曲) To Have, or Not To Have《大佛普拉斯的電影配樂》﹙林生祥﹚
滅火器/長途夜車《進擊下半場 Begin The Second Half》﹙滅火器﹚
盧廣仲/魚仔《魚仔》﹙盧廣仲﹚
Kenn C;孫燕姿/跳舞的梵谷《No.13 作品 : 跳舞的梵谷》﹙孫燕姿﹚
熊仔/買榜《龍虎門》﹙熊仔 ; 吳卓源﹚

なんだかアルバムのプロデューサーの部門と雰囲気がかなり変わります。ここでは熊仔をご紹介。相変わらず軽快でいい感じのトラックですが、コラボ参加のジュリア・ウー 吳卓源もかなりいいです。

熊仔×Julia Wu 吳卓源×RGRY 買榜



■最佳國語男歌手獎(最優秀國語男性シンガー賞)
宋念宇/同在
李玖哲/李玖哲"Will You Remember"
陳奕迅/C'mon In~
林俊傑/偉大的渺小
許書豪/HOW

ここは本当に豪華なラインナップで華やかですが、その中に食い込んでノミネートされた許書豪をご紹介。じわりと好評が伝わってくる許書豪、確かにいいです。将来楽しみ。

許書豪「備胎」



■最佳國語女歌手獎(最優秀國語女性シンガー賞)
呂薔Amuyi/O_LOVE
徐佳瑩/心裡學
Faye 飛/小太空
aMEI/偷故事的人
彭佳慧/我想念我自己

ここも負けず豪華なラインナップです。こちらの部門も、その中に食い込んだ呂薔Amuyiをご紹介。タイヤル族出身の彼女、2013年の新人賞へのノミネートに続き、今度はメインの部門に一気に入ってきました。李權哲を迎えたアルバムのタイトルチューン、なかなか面白い仕上がりです。

呂薔Amuyi「O_LOVE」



■最佳台語男歌手獎(最優秀台湾語男性シンガー賞)
翁立友/翁立友-我做你的靠山CD+DVD
荒山亮/人生留聲機−戲劇主題曲精選2
許富凱/縫夢
蔡佳麟/猶原愛著你
蕭煌奇/人生我敬你一杯

いい感じにコテコテな歌手も多く、台語男歌手獎はこうでなきゃというラインナップ。みなさん歌上手です。紹介するのは蕭煌奇。結婚式で歌われるんですかね〜。安心亞が台湾語で歌っているのも注目。

蕭煌奇「咱結婚好嗎? feat.安心亞」



■最佳台語女歌手獎(最優秀台湾語女性シンガー賞)
林喬安/玻璃心
張艾莉/張艾莉-艾莉,愛你
朱海君/朱海君-等天光CD+DVD
張涵雅/望
吳申梅/咱攏要幸福

台語女歌手獎の方は一転、多様なチャレンジがみられて、こちらも興味深いです。紹介するのは張涵雅。2作目のアルバムでもこの部門にノミネートされた彼女、エレクトリックなサウンドの導入など、注目です。

張涵雅「望」



■最佳客語歌手獎(最優秀客家語シンガー賞)
秋林/大嶺腳下2
黃瑋傑/夜色
黃連U/黃泥路
蕭迦勒/細妹恁靚2017

こちらは客家語アルバムと同じ面々。


■最佳原住民語歌手獎(最優秀原住民語シンガー賞)
Paliulius 樂團/圍坐在一起 Paliulius / 8664樂團
桑梅絹/渲染
Magaitan瑪蓋丹 (石嘉量)/la mathuaw maqitan apiakuzan 美好的,怎麼了?

この部門、どれも味わいがあっていいのですが、ここではパイワン族の歌手・桑梅絹をご紹介。母親から歌を学んだという「古調傳唱者」の彼女の歌、ぜひ一聴を。原住民の少女の成長を描くMVも。

桑梅絹《渲染》



■最佳樂團獎(最優秀バンド賞)
滅火器(楊大正;鄭宇辰;陳敬元;吳迪)/進擊下半場 Begin The Second Half
甜約翰(吳浚瑋;粱丹郡;陳冠宇;石裕獎;鍾曜年)/Dear
茄子蛋(黃奇斌;蔡鎧任;謝耀コ;ョ俊廷)/卡通人物
LEO37+SOSS(LEO37;Adriano Moreira;俞友驕G張頌亞)/Be Well World
董事長樂團(吳永吉、林大鈞、杜文祥、郭人豪、于培武、林俊民)/祭
三十萬年老虎鉗(鄭植;黃柏翰;羅晧宇;林子軒;陳千煒)/我不是超人

個人的に一番気になる部門。滅火器や董事長樂團がしっかり受賞しそうな気もしますが、フレッシュな他の面々が気になります。すべて紹介したいところですが、2つ選びました。
一つは甜約翰 Sweet John。台南で音楽活動をしていた自然發聲樂團(Natural Outcome)のメンバーに、I Mean UsのボーカルMandark Ravel(梁丹郡)が加わって結成された甜約翰、非常にいい仕上がりの作品を発表しています。日本のオーディエンスにも響くのでは?

甜約翰 Sweet John 「留給你的我從未」


もう一つはLEO37 + SOSS。台湾、カナダ、ブラジルという多彩な背景のメンバーたちが繰り広げるサウンド、なかなか面白いです。

LEO37 + SOSS "Be Well World" ft. CoolBeanz, Pierre Anthony, Zania Alaké & Steffanie Christi'an



■最佳演唱組合獎(最優秀ユニット賞)
夜貓組(Leo王+春艷)(Leo王;春艷)/健康歌曲
原子邦妮(查家雯;張羽承)/謝謝你曾經讓我悲傷
Crispy脆樂團(盧羿安Skippy Lu;丁不拉丁)/你快樂,嗎
頑童MJ116(周文傑;林睦淵;陳c榕)/幹大事 BIG THING
張三李四(張三;R;達書;小K)/第二張同名專輯 張三李四

ここも面白いラインナップで気になります。紹介するのは張三李四。金曲獎で強い彼ら、この曲「想厝的時陣」は、台湾で働く東南アジア出身の人たちを描いています。日曜の台北駅に集う彼ら/彼女らの姿や、さらにはレコーディングにも参加する姿も。

張三李四「想厝的時陣」



■最佳新人獎(最優秀新人賞)
鄭興/忽然有一天,我離開了台北
茄子蛋/卡通人物
J.Sheon/街巷
李權哲/醒著不醉
閻奕格/我有我自己
蘇珮卿/我們都是寂寞的
丁世光/神經誌

今年はいっぱいノミネートされているこの部門、新人という感じがしない人も含まれていますが、実力派が多くて楽しみです。紹介するのは李權哲。これもいい感じのトラック、熊仔が再度の登場です。

李權哲 Jerry Li feat. 熊仔 「Hide & Seek」



【演奏類】(インストゥルメンタル部門)

■最佳專輯獎(ベストインストゥルメンタルアルバム賞)
無限融合樂團 8﹙無限融合樂團﹚
鍾興民作品集﹙鍾興民; 小提琴獨奏 曾誠; Filmorchester Babelsberg﹚
蘇子茵同名專輯﹙蘇子茵;董運昌;黃中岳;葉賀璞;王希文;許郁瑛;張瀚中;徐梵;程杰;張譽耀﹚
happened, happening﹙許郁瑛; Alex Sipiagin; Donny McCaslin; Boris Kozlov; Donald Edwards﹚
波斯驛站﹙Bazaar 中東爵士樂團﹚

■最佳專輯製作人獎(最優秀インストゥルメンタルアルバムプロデューサー賞)
呂聖斐;董舜文/無限融合樂團 8﹙無限融合樂團﹚
鍾興民/鍾興民作品集﹙鍾興民; 小提琴獨奏 曾誠; Filmorchester Babelsberg﹚
蘇子茵;王希文/蘇子茵同名專輯﹙蘇子茵;董運昌;黃中岳;葉賀璞;王希文;許郁瑛;張瀚中;徐梵;程杰;張譽耀﹚
許郁瑛/happened, happening﹙許郁瑛; Alex Sipiagin; Donny McCaslin; Boris Kozlov; Donald Edwards﹚
Bazaar 中東爵士樂團; 黃宣銘/波斯驛站﹙Bazaar 中東爵士樂團﹚

■最佳作曲人獎(最優秀インストゥルメンタル作曲賞)
呂聖斐/Swimming in the Green 告F潛泳《無限融合樂團 8》﹙無限融合樂團﹚
鍾興民/紅樹林《鍾興民作品集》﹙鋼琴 鍾興民; 小提琴獨奏 曾誠; Filmorchester Babelsberg﹚
蘇子茵/Passenger《蘇子茵同名專輯》﹙蘇子茵;董運昌;許郁瑛;程杰;黃子瑜﹚
許郁瑛/Catching THE Monk《happened, happening》﹙許郁瑛;Alex Sipiagin;Donny McCaslin;Boris Kozlov;Donald Edwards﹚
錢威良/底格里斯河上的星月 The Crescent upon the Tigris《波斯驛站》﹙Bazaar中東爵士樂團﹚

インストゥルメンタルの3部門は、すべて同じラインナップ。日本での認知度はともかく、ここも力量ある面々が並びました。ジャズピアノの許郁瑛はこの後の授賞式でパフォーマンスが予定されています。バイオリンの蘇子茵(Daphne Su)は、7/28開催の第7回軽井沢ジャズ・フェスティバルに出演予定。
紹介するのは、Bazaar中東爵士團。中東テイストのジャズサウンド、今作もかっこいいです。今回は受賞なるでしょうか。

Bazaar中東爵士團「底格里斯河上的星月」



【技術類】(技術部門)

■最佳專輯包裝獎(最優秀アルバムパッケージ賞)
方序中;吳建龍/為什麼像個愛情故事,明明我看的是偵探小說。:Frandé法蘭黛樂團
吳建龍/第二張同名專輯:張三李四
廖俊裕/兄弟沒夢不應該:拍謝少年
蕭青陽/祭:董事長樂團
盧翊軒/天K請閉眼 原聲帶
張溥輝/永生獸 Immortal Beasts:2HRs

■最佳演唱錄音專輯獎(最優秀ボーカルアルバム録音賞)
我的國語 你聽不聽得懂 (主要錄音人員:王永鈞、Geoffrey Han、林尚伯、鄭皓文、林ノ堅、陳蕾、蔡周翰、Jordie Guzman/主要混音人員:Roman Klun/主要母帶後製人員:Roman Klun):范安婷
家III (主要錄音人員:朱敬然、林思彤、Craig Burbidge、Plamen Penchev、吳蒙惠、亂彈阿翔/主要混音人員:Craig Burbidge/主要母帶後製人員:朱敬然):羅大佑
Don't Make a Sound不能發出聲音 (主要錄音人員:柯泯栫AAndy Baker、林佳育、王永鈞、劉詩偉/主要混音人員:Andy Baker、劉詩偉/主要母帶後製人員:Joel Hatstat):柯泯
偷故事的人 (主要錄音人員:黃晟峰、葉育軒、雷長航、楊敏奇/主要混音人員:Phil Tan/主要母帶後製人員:Chris Gehringer):aMEI張惠妹
那不是我 (主要錄音人員:Marco Trentacoste/主要混音人員:Marco Trentacoste/主要母帶後製人員:Brian 'BigBass' Gardner):謝天笑


すみません、時間切れでこの2部門はコメントなし。紹介したいものは多々あるのですが…。
受賞するかどうかにかかわらず、多彩な音楽を楽しむきっかけになってくれれば何よりです!


posted by 研究員B at 19:56 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第29屆金曲獎・ノミネートリストの再チェック(前)

本日、2018年6月23日(土)は「第29屆金曲獎」の発表日です(公式サイト)。毎年使っている説明を今年も繰り返すと、この金曲獎、「台湾のグラミー賞」としばしば言われる、台湾で最もメジャーな音楽賞です(同時に、選考に一癖あるともよく言われます)。今日発表されるのは、金曲獎の中の「流行音樂」(ポピュラー音楽)関連の諸部門です。

例年同様に、今回のエントリでは、発表前の復習として、ノミネートリストの再チェックをしてみます。ただ、今年はあれこれ忙しくて、ギリギリになってようやくエントリを書いている状況で、例年ほどきっちり紹介できないかもしれません! その点ご容赦を…。

なお過去の金曲獎については、以下のリンクをご参照: 2017年(ノミネートリスト(前)ノミネートリスト(後)結果)、2016年(ノミネートリスト(前)ノミネートリスト(後)結果)、2015年(ノミネートリスト結果)、2014年(ノミネートリスト結果)、2013年(ノミネートリスト結果)、2012年(ノミネートリスト結果)、2011年(ノミネートリスト結果)、2010年(結果の一部)。

ではさっそく、以下長くなりますがご容赦を。


【演唱類】(ボーカル部門)

■年度專輯獎(ベストアルバム賞)
最佳國語專輯獎入圍作品
最佳台語專輯獎入圍作品
最佳客語專輯獎入圍作品
最佳原住民語專輯獎入圍作品

國語・台語・客語・原住民語の各ベストアルバムのノミネート作品から、全体でのベストアルバムを選出する賞。各部門の受賞アルバムのいずれかがここでも受賞するとは限らないので要注意。


■年度歌曲獎(ベストソング賞)
有 無 (片尾曲) 《大佛普拉斯的電影配樂》﹙林生祥﹚
長途夜車《進擊下半場 Begin The Second Half》﹙滅火器﹚
魚仔《魚仔》﹙盧廣仲﹚
致觀音山《家III》﹙羅大佑﹚
偉大的渺小《偉大的渺小》﹙林俊傑﹚

バラバラなような、でもどこか共通性があるような…というラインナップ。全部男性とは! どの曲も強そうですが、ここでは映画「大仏+」から、林生祥「有無」を。客家語ではなく「客家腔台語歌」のこの曲、金馬獎の最佳原創電影音樂・最佳原創電影歌曲の2部門を受賞しています。映像には大竹研・早川徹のお二人も登場。やや映画ネタバレ感があるので、映画未見の方に紹介するのはちょっと躊躇も。

林生祥《有無》



■最佳國語專輯獎(ベスト國語アルバム賞)
忽然有一天,我離開了台北﹙鄭興﹚
心裡學﹙徐佳瑩﹚
C'mon In~﹙陳奕迅﹚
偷故事的人﹙aMEI﹚
偉大的渺小﹙林俊傑﹚
神經誌﹙丁世光﹚

新人から大御所まで混在していますが、ここでは大陸出身の鄭興をご紹介。揚州/北京/台北と移ってきた経験を経て歌われるこの歌、雨の台北の風景を思い出させ、しみじみ印象に残ります。

鄭興《台北下的雨》



■最佳台語專輯獎(ベスト台湾語アルバム賞)
卡通人物﹙茄子蛋﹚
縫夢﹙許富凱﹚
撼山河﹙陳明章﹚
根﹙農村武裝青年(江育達)﹚
人生我敬你一杯﹙蕭煌奇﹚

ここもベテランからニューフェイスまで多彩です。ここでは農村武裝青年を取り上げます。台湾の農村や土地に根差した音楽活動を続けている彼ら、現在はボーカル阿達(江育達)の故郷・彰化田中鎮を拠点にしています。このMVには、著名な舞踏家・林宜瑾が出演しています。

農村武裝青年「揣啊揣」



■最佳客語專輯獎(ベスト客家語アルバム賞)
大嶺腳下2﹙秋林﹚
夜色﹙黃瑋傑﹚
黃泥路﹙黃連U﹚
細妹恁靚2017﹙蕭迦勒﹚

しばしば新しい発見がある客家語の部門、今年は数がちょっと少なめで残念。今回紹介するのは蕭迦勒。彼は母親が桃園楊梅の客家人だったそうですが、自身はもともと客家語は聞き取れても話すことはできなかったそうです。創作活動を進める過程で、客家文化の豊かさに気づかされたとのこと。以下で紹介する曲では、歌詞は客家語と台湾語ですが、途中で原住民サイシャット族の言葉やインドネシア語も混じっています。

蕭迦勒《浪漫山線》



■最佳原住民語專輯獎(ベスト原住民語アルバム賞)
圍坐在一起 Paliulius / 8664樂團﹙Paliulius 樂團﹚
渲染﹙桑梅絹﹚
直美﹙CMO樂團﹚
有我陪伴﹙馬詠恩;古伊‧達理瑪勞;高蘇珊;米鴻恩;張理軒﹚

ノミネート数は少なめですが、充実しています! どれも魅力的で迷った結果、例外的に2つ紹介しようと思います。
一つ目は、2年前に続き2度目のノミネート・CMO樂團。アミ族の蘇瓦那(元・歐開合唱團)が率いるCMO樂團、今作も洗練されたサウンドとアミ語の響きが見事です。他にも、アルバムには宮古島出身の歌手・真喜志亜希子(HIRARA)が参加した曲もあります(金曲獎授賞式にも参加するとのこと!)。

CMO樂團「遠行」


もう一つは、花蓮・花東縱谷出身のバンド・台玖線樂團。MVには南投縣信義鄉の小学校・久美國小の子どもたちが登場しています。楽しそう!

台玖線樂團「有我陪伴」



■最佳音樂錄影帶獎(ベストミュージックビデオ賞)
他是末日預言中的宇宙碎片《戰神卡爾迪亞》﹙導演:談宗藩﹚:陳珊妮
泰國恰恰《亞洲通吃》﹙導演:Chayanop Boonprakob﹚:Namewee 黃明志
言不由衷(The Prayer)《心裡學》﹙導演:比爾賈﹚:徐佳莹
與浪之間 Waves《次等秘密 Insignificant Secret》﹙導演:邱柏昶 Birdy﹚:Vast & Hazy
未單身《A-LIN同名專輯》﹙導演:廖人帥;姚國禎﹚:A-LIN
雪女《末路狂花》﹙導演:MO (YAMANYAMO)﹚:魏如萱
身後《偷故事的人》﹙導演:羅景壬﹚:aMEI 張惠妹

例年同様、今年もユニークで工夫に満ちたMVがたくさんノミネートされています。すべて観てほしいのですが、悩んだ結果サンディーを選びました。いつもながら、とてもユニークです!

陳珊妮「他是末日預言中的宇宙碎片」



■最佳作曲人獎(最優秀作曲賞)
陳珊妮;魏如萱/不要不要《戰神卡爾迪亞》﹙陳珊妮;魏如萱﹚
盧廣仲/魚仔《魚仔》﹙盧廣仲﹚
艾怡良/言不由衷(The Prayer)《心裡學》﹙徐佳瑩﹚
李劍青/在家鄉《仍是異鄉人(Still An Outlander)》﹙李劍青﹚
林俊傑/偉大的渺小《偉大的渺小》﹙林俊傑﹚

■最佳作詞人獎(最優秀作詞賞)
王昭華/有 無 (片尾曲) To Have, or Not To Have《大佛普拉斯的電影配樂》﹙林生祥﹚
盧廣仲/魚仔《魚仔》﹙盧廣仲﹚
嚴彬; 李宗盛/在家鄉《仍是異鄉人(Still An Outlander)》﹙李劍青﹚
葛大為/連名帶姓《偷故事的人》﹙aMEI﹚
宋冬野/郭源潮《郭源潮》﹙宋冬野﹚

■最佳編曲人獎(最優秀編曲賞)
黃少雍/同在《同在》﹙宋念宇﹚
溫奕哲/閻羅王《我有我自己》﹙閻奕格﹚
Kenn C/跳舞的梵谷《No.13 作品 : 跳舞的梵谷》﹙孫燕姿﹚
Jerald Chan/床上的K洞《C'mon In~》﹙陳奕迅﹚
常石磊/漂白《來日方長》﹙黃齡﹚

この3部門、実力派が多々ノミネートされて迫力があります。また悩んだ結果、連続で恐縮ですがもう1本サンディーを! 魏如萱waaとのコラボ、サウンドもクールでかっこよく、MVも張庭歡 Una Changのダンスがシャープで見入ってしまいます。

陳珊妮+魏如萱「不要不要」



残りの部門は、改めて! できれば授賞式が始まる前に!

posted by 研究員B at 09:31 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする